ガジュツ

ガジュツとは

紫ウコンは別名ガジュツと呼ばれているショウガ科の多年草でその根茎は生薬として重宝されています。 ガジュツはなぜ紫ウコンという風に名前に紫が付くのかといいますと赤い紫色の花を咲かせるのと葉っぱに紫色のすじを持っているからだそうです。ガジュツはインドが原産国といわれていますが現在では沖縄をはじめとして中国やインドネシアそしてバングラデシュ等の地域でも栽培されています。紫ウコンはウコンの中で最も強い苦味を持ちその主成分はセスキテルピン・クルクモール・クルメチンがそれにあたります。また春 ウコンと秋 ウコンと比較してガジュツはとても寒さに弱いためウコンの中では栽培・保存が難しい種類といわれている為紫ウコンは高い希少価値を持つ植物とされています。

紫ウコンが秘めている優れた薬効成分
紫ウコンはウコンの中でも強烈な苦みを持っている為あまり人気がないと思われているそうですが実はその分ウコンの中で最も優れた効力を秘めています。ガジュツの切り口はウコンとは違い黄色でなく紫色です。これには紫ウコンはウコンに含まれているクルミンという成分を少ししか含んでなくその代わりとしてカンファー・シオネール・アズレンをはじめとする薬効に優れた精油成分を豊富に含んでいるからなのです。そのためガジュツはウコンの中で最も強い薬効成分を持っているのです。このガジュツが含む精油成分のうちカンファーは胃腸の働きを良くするという効果を持っていてアズレンは胃液の過剰な働きを抑制することで潰瘍や炎症を改善させる効果を持っているためガジュツは健康な胃腸をつくる能力を秘めているといえます。

ガジュツはどんな効果があるのでしょうか?
ダイエット効果
ガジュツにはシネオールという血液中の余分なコレステロールを排出する効果をもつ成分を持っています。またガジュツが主成分と含んでいるアズレンは腸に溜まっている老廃物を短時間で排出するという効果があります。他にもカンファーという成分による胃腸の働きを良好にする効果によってガジュツは優れたダイエット効果を持っています。

殺菌効果
胃炎や胃潰瘍の原因はピロリ菌という菌が原因であると確認されています。上記と少々かぶりますがガジュツはそのピロリ菌を撃退する成分を含んでいて優れた殺菌効果を持っています。

コレステロールの低下/肝機能向上
ガジュツは肝汁を過剰に分泌させる効果でコレステロール値を低下させる効果を持っています。このガジュツが肝臓の機能を高める効果にはウコンが含んでいるクルクミンという成分が原因と考えられています。この成分は胆汁の分泌を促進させることで肝炎を改善させると同時に肝機能を高める効果を持っています。ガジュツはクルクミンの含量が僅かしかないとされていますがその量でも肝機能を向上させる力を持っているのです。その理由として考えられるのはガジュツが豊富に含む精油成分にあるp-メチトルイルカピノールが紫ウコンが肝機能を高めるのを助けていことが考えられています。

美肌効果
肌があれたり老化する原因の1つとして活性酸素というものがあります。ガジュツは僅かながらもクルクミンという抗酸化作用を持つ成分を含んでいて抗酸化作用による美肌効果があるのです。ガジュツが含んでいるこの成分は酵母菌・乳酸菌と同時に取り入れることで強力な効果を持つ抗酸化物質に変化することでより効果的な美肌効果を促すそうです。

生理不順の改善
ガジュツが持つ効果として体温を高める働きがあります。この紫ウコンの効果は鼻づまりを治すときに使われますが女性が悩みを抱えている冷え性の対策にも効果を持っています。これはガジュツは生理不順にも効果があるということを示しています。

ガジュツで飲むダイエット!
ガジュツ の粉末を用意します。
小さじ1で紫ウコンをコップにいれます。
ココアにガジュツをまぜて1日3回に分けて飲みます。


HOME



文章情報デパートNF5