Lカルニチン

Lカルニチンとは

Lカルニチンは肉に含まれる成分でサプリメントで摂取すると豊富に体内に取り入れることができます。

■ Lカルニチンって何?

Lカルニチンはアミノ酸の一種です。
「燃焼系燃焼系〜♪」で一躍ダイエットに有名になったアミノ酸ですがLカルニチンはそのなかでももっとすごい効果がいっぱい。
Lカルニチンはアミノ酸の一種であるリジンとメチオニンから構成された成分で肉や赤貝などから摂取したり体内で作り出すことも出来ますが体内でLカルニチンを作り出すのは二十代をピークに年齢とともに減少します。またストレスの多い環境でも不足しがちになります。

Lカルニチン・サプリメント

Lカルニチンは体内の糖や脂肪を燃焼させる際にその運び屋として燃焼を助けます。 年齢とともにLカルニチンの生産量が減少してしまうと徐々に筋肉が落ち脂肪が体に蓄積されてしまい中年太りになりやすくなります。そこでLカルニチンの補給が必要なのです。

Lカルニチンは日本では強心剤など医薬品としての使用しかできませんでしたが2002年に食品に分類されてからダイエット食品健康食品として注目を浴びています。

L−カルニチンは海外ではダイエットや運動のサプリメントスポーツドリンク化粧品などに使われるほかアスリートや更年期の女性に長年愛用されてきました。

■ 羊肉に多く含まれるLカルニチン

「Lカルニチン」 は羊肉の足の部分に特に多く含まれています。
牛肉や豚肉にもLカルニチンは含まれますが羊肉(マトンやラム)に含まれるLカルニチンはなんと牛肉の約3倍豚肉の約9倍もあるのです。
Lカルニチンを多く含む羊肉料理である北海道発祥のジンギスカンが女性や中年太りを気にする方に最近大人気です。

■ Lカルニチンは何に効くの?

Lカルニチン ダイエット

Lカルニチンを摂って有酸素運動をすると体脂肪が燃えやすくなりダイエット効果があり肥満による高脂血症や糖尿病などの生活習慣病を予防します。また疲労回復にも効果があり筋肉痛や筋肉疲労を軽減させるのでアスリートにも愛用されています。

Lカルニチンで 認知症(痴呆症/ボケ)防止

Lカルニチンは体内に入るとアセチル-カルニチンに変化します。このアセチル-カルニチンは脳に多く含まれ不足すると脳の細胞が壊れる速度を早め認知症(痴呆症)になりやすくなります。人間の脳細胞は生まれてから日々壊れて減っていきお年寄りの脳細胞は生まれた時の約半分になってしまいます。 Lカルニチンを摂って脳の働きを保ち認知症(痴呆症)を防ぎましょう。

Lカルニチンの その他の健康効果

Lカルチニンは狭心症や心不全などの心臓の病気の症状を軽くする効果が臨床試験で確かめられています。日本ではダイエット効果で注目を浴びる以前は医薬品として強心剤や慢性胃炎の治療薬としても使われてきました。
その他にも免疫力の向上などにも効果があると言われています。

■ Lカルニチンはいつどれくらい摂るのが効果的?

Lカルニチンは通常で1日数十ミリグラム50歳以上の人は1日100ミリグラムは摂ったほうがいいと言われています。

食事から100gのLカルニチンを摂るには・・
赤貝・・・・・・・・100g
牛ステーキ・・・100g
羊肉・・・・・30〜40g
Lカルチニンでダイエット効果を期待するなら1日300mg〜1000mgを朝摂るのが効果的です。
Lカルニチンは摂って活動することで体脂肪が燃えるので活動前の朝が一番効果的です。朝から1kgの牛ステーキを食べるのは大変ですよね。また肉料理は油も使うのでせっかくLカルニチンを摂ってもカロリーを蓄えてしまいます。
効率よくLカルニチンを摂るにはサプリメントが効果的です。Lカルニチンを含むサプリメントを摂取してウォーキングなどの有酸素運動をすると体脂肪が燃えます。
太りにくい身体作りには毎日継続しての摂取と軽い運動を最低でも3週間続けましょう。

■ アルファリポ酸・CoQ10とLカルニチンの併用でダイエット効果アップ!

Lカルニチン&アルファリポ酸
体内の余分な糖を分解してミトコンドリアに運ぶのがアルファリポ酸(αリポ酸)その運んできた糖をミトコンドリアに中に引き入れるのがLカルニチンです。 Lカルニチンによって引き入れられた糖の燃焼を促すのがコエンザイムQ10です。この
またビタミンB1はLカルニチンの働きを助けるのでビタミンB1もLカルニチンと一緒に摂ると効果が上がります。

アルファリポ酸(αリポ酸)・コエンザイムQ10・ビタミンB1との併用摂取と有酸素運動で脂肪を燃やして太りにくい身体をLカルニチン(Lカルニチン)で手に入れましょう!


HOME



文章情報デパートNF5