クミスクチン茶

クミスクチン茶について

クミスクチン茶に含まれるポリフェノールの一種であるロズマリン酸がニキビ・皮脂テカを改善すると今注目を浴びています。

■クミスクチン茶とは?

クミスクチンは「ウコン」「グァバ」と並ぶ沖縄三大薬草の一つです。
沖縄では昔からクミスクチンの葉や茎を薬草としてお茶がわりに飲まれてきました。
古くから世界各国でその高い薬効が認められておりドイツでは腎臓の薬としてオランダやフランススイスなどの薬局でも利尿薬として扱われています。
クミスクチンに含まれるポリフェノールの一種であるロズマリン酸がニキビ・皮脂テカを改善するとして今注目を浴びています。

クミスクチン(くみすくちん)

クミスクチンはシソ科の多年草で中国南部やインド東南アジアオーストラリア北部に広く分布し日本でも沖縄や温室で栽植されています。

クミスクチンはマレー語で“猫のヒゲ”という意味で長いオシベが猫のヒゲに似ているところから猫のヒゲ→クミスクチン(KumisKuching)と呼ばれるようになりました。

■クミスクチン茶の健康効果

お肌の皮脂テカ・ニキビを予防!

クミスクチンに含まれるロズマリン酸というポリフェノールに中性脂肪の原因とされる食物中の余分な糖や脂肪が腸に吸収されるのを抑える働きがあります。中性脂肪が減少すると皮脂のテカリやニキビが改善され美肌効果も期待できます。
クミスクチン茶を多く飲む沖縄・知念村の女性はきめの細かいツルツル肌ばかりだそうです。

ダイエット・むくみ改善・中性脂肪対策に!

クミスクチンにはカリウムが多く含まれクミスクチン100g中に2150mgも含まれています。このクミスクチンの多量のカリウムが血液中のナトリウム等を排出するとともに体液の水分貯留量を引き下げてむくみを解消します。
またロズマリン酸の糖と脂肪の消化・吸収を抑える効果で中性脂肪対策にもオススメです。
ヨーロッパでは昔からダイエットティーとして愛飲されています。

若返り/美肌/美容効果

アルファリポ酸にはビタミンCビタミンEの約400倍という非常に強力な坑酸化作用がありコエンザイムQ10やビタミンCなどの抗酸化物質が体内で使われた後それらをリサイクルさせる働きがあります。アルファリポ酸は水にも油にも溶け分子量も小さいので体のすみずみに浸透し抗酸化作用を発揮します。

高血圧腎臓炎糖尿病の改善に!

クミスクチンに多く含まれるカリウムが利尿作用を促進し血圧を降下させます。また腎臓炎糖尿病神経痛関節炎に効果があるとされています。
カリウムを多く含んでいますので腎臓疾患で通院されている方はお医者様にご相談のうえで使用しましょう。

花粉症対策に!

クミスクチンにはシソ科の植物に含まれているポリフェノールの一種であるロズマリン酸が含まれています。ロズマリン酸は免疫反応を正常に戻す働きがあり花粉症などのアレルギー症状を軽減する物質として近年注目を浴びています。

■クミスクチン茶はいつ飲めばいいの?

クミスクチン茶は食事と一緒に飲むのが良いとされています。 多少苦味はありますがさっぱりした味で食事にもよく合います。

夏にはアイスでもおいしくいただけます。

クミスクチン茶の煎じかた

クミスクチン茶を煎じる際には土瓶土鍋ホーロー製の鍋やヤカン等の容器を使うようにします。
(鉄や銅製は化学変化を起こしたり錆びたりするので使わない。)

鍋やヤカンなどの容器に分量の茶葉またはティーバックと水を入れたら蓋をして弱火で徐々に煮出します。(※水から煮出すこと!熱湯にいきなり入れて急激に煮出すのは×。)
煮出し終わったら茶葉(こし器で)・ティーバックを取り除き煎じたものはその日に飲み切ります。

急須の場合は1回分で3〜4回飲めます。

たった3日で皮脂テカ肌がなおると評判のクミスクチン茶であなたもきれいなお肌と健康を手に入れましょう!


HOME



文章情報デパートNF5