シソ茶

スポンサードリンク

シソ茶について

■ シソ茶(シソ)

シソ茶はその名前のとおりシソを原料としたお茶のことでこの春問題となっている花粉症などに対して効果があるお茶です。 このサイトでは、シソ茶がもついろいろな効果や紫蘇茶が原料としている、しそを重点的に説明していきたいと思います。

■ シソが持つ隠れた効果

シソ茶が原料としているシソが持っている効果はアレルギーや疲れを取るだけではありません。 例えば転んで怪我をした時とか水で漬けたシソを薬草みたいに傷口に張ってやさしく揉むと怪我が治るそうです。 そのほかにも水虫などの皮膚に関する疾患に対してもシソは効果を発揮します。

■ シソ茶が使うシソとはどんな植物?

シソ茶が扱っているとされるシソは古来中国より漢方として使われてきたそうです。 もともとシソはその香りから気分を落ち着かせることで使われていたそうです。 シソ茶が原料として使っているシソは防腐というもう1つの効果を持っていてよくスーパーでの刺身と一緒に シソがついてくることが見られますね。 シソ茶も過言ではなく疲れきった体に大きな効果を持ちお風呂にシソを入れることで効果が増すそうです。 ここ最近ですがシソ茶はダイエットにも効果があるということが注目されているようで、それにはシソがもつα-リノレン酸という物質によるものとか。 シソ茶はそのα-リノレン酸をたっぷりもっていてダイエット業界では食卓とは違ってシソは有名であったりするのです。

また私たちの国でシソ茶が扱っているシソは2種確認されており赤シソ ・青シソがあるそうです。 これらの シソ はシソ茶として利用するほかに葉や茎そして実などでダイエットにシソが大きな役割を果たすと思われます。

■ シソ茶で日々ダイエット!

シソもそうですがシソ茶はダイエットや美容に注目されています。 シソ茶を使ったダイエットなのですが梅干についているシソを体にいいのではとおもったこととかないですか?
実際 シソ はダイエットにたいしての効果が非常に優れていてそれにはα-リノレン酸という成分が シソ をはじめとしてシソ茶が含んでいるからなのです。
シソ茶を飲むことでシソも同じく体内の腸を活発にさせて便秘や肌にたいしていい効果を持つのですね。

■ シソ茶でコレステロールをノックアウト!

シソ茶はなんとコレステロールも撃退する能力を持っているそうです。 シソ茶はα-リノレン酸という必須脂肪酸を成分として持っていてこれは非常にコレステロールに効果があるとされています。 だからシソ茶は健康にいいお茶なんですね。

■ シソ茶はこんな力を持っている!

ここでシソ茶はどんな特徴をしているのかをあげますと以下のとおりになります。

シソ茶が持つ豆知識 - シソが持つ歴史

シソ茶はその名前のとおりシソを煎じたお茶のことです。 シソはシソ科に属している植物のことで中国を原産地としています。 シソ ( 紫蘇 )は種類別にわけますと赤 シソ ・青 シソ の2つがあり、赤 シソ はよく梅干を作る時に使われています。 また シソ は漢方での医学で蘇る葉と書き蘇葉ともいわれ身体に安らぎを与える効果をもつとわれています。 成熟しきった シソ の果実を蘇子と呼び主に咳止めにつかわれたりするそうです。 シソの葉っぱが含んでいる成分でロズマリン酸というものがありこれはアトピーなどを治療するはたらきを持っています。 中国だけではなく日本やアメリカでも シソ はともに性質に違いがあるらしい。 シソ 油とよばれるものがありこれはシソの種から取れるそうです。 このシソ油はα-リノレン酸とよばれる抗酸化作用に優れていてシソ油は健康食品としても注目されています。

シソ茶はどんな効果があるのか?

シソ茶はいったいどんな効果があるのでしょうか? シソ茶は湿疹や防腐効果を持つシソを原料として使っております。 シソ茶ができる過程ですがシソを綺麗に洗って2日くらい日陰で干すとシンプルです。 また、 シソ茶はシソをどう扱うかにコツといものがあり水で満たした鍋に30分くらい弱火で煮出すとシソが持つ効果をより得られるそうです。 シソ茶が持つ気になる効果ですがシソがもつ効果でストレスや疲労感を抜き取ったり冷え込んだ体を暖めたりと非常に嬉しい効果を持っています。

 

シソ茶の飲み方

まずシソの葉っぱを細かく粉上にしてさじ1杯で15秒ほど沸かします。 またそのときのポイントですが新鮮な シソを葉っぱごとこれでもかというくらいに小さく切り刻み袋に煮出しておくとよりおいしいシソ茶が出来上がるそうです。 あとシソ茶を煮出すときにもう1つポイントがあります。それはシソと一緒にショウガやみかんの皮を混ぜるとシソが持つ効果をより高めるそうです。


HOME



文章情報デパートNF5