ピラティス

スポンサードリンク

ピラティスについて

ピラティスはドイツの看護士さんが考え出したというバレエやヨガを取り入れた柔軟エクササイズのようなものです。 幼少のころ病弱で大変悩んでいたドイツ人看護士Joseph.H.Pilatesがこのピラティスを考案しました。

■ ピラティスが他のエクササイズにはない特徴

ここでピラティスが他にはない魅力について迫ります。 まずピラティスが独自に持っている魅力というのは身体だけではなく、精神までも鍛えられるということです。 従来のエクササイズはムリムダがある運動もありましたが、 ピラティスはそのような側面が1つもありません。 よく運動は無闇に動くのはいけないといわれていますよね?そこでピラティスは無駄な運動による筋肉の緊張感をほぐし、芯から鍛えることで効率の良い体を作っていくのです。 そんなピラティス、運動自体はいたってシンプルなものですが、そこから体の芯を見出すことが可能になります。 体を見極めることが出来るようになることによって、ピラティスは最適な体をつくることが出来るのです。

■ ピラティスはどうやってやるのか?

ピラティスはどのように運動するのでしょうか? ピラティスが体の中心部を鍛える運動であることは先程伝えました。 そのためピラティスは動きを最小限で効果を得ることを信条としてます。 このピラティスが鍛える中心とは骨盤の中心部のまわりと頭から尾てい骨までの1本の縦ライン。 そのため、ピラティスは体内のもっとも深い筋肉を鍛えることが可能なのです。 またピラティスにおいて一番重要な要素は呼吸にあります。 ピラティスで行う呼吸は腹部をへこませて鼻から呼吸し感覚的には背中や脇でも呼吸するイメージで行います。 そしてピラティスが持つ基本的な姿勢は以下のようになります。

ひざをたてたままで横になります。
その時、手の平は下にしておしりの横に、足は両方とも坐骨延長線の上にもっていきます。
その状態でゆっくり深呼吸

これが、ピラティスでの基本姿勢です。

■ ピラティスで下半身をシェイプアップ

下半身でお悩みの方に嬉しいピラティスを教えます。


まずピラティスの基本姿勢をとります。
そこで骨盤を床についた状態にして鼻で深呼吸をします。
そしてピラティスの基本姿勢でゆっくりと息を吐いて股関節から足を回します。

これが、下半身がすっきりするピラティスです。あなたも是非挑戦してみてください。

■ ピラティスがもつパワーのひみつ

ピラティスは私達にどんな力を与えてくれるのでしょう? ピラティスをやると引き締まった腹部とシャキッとした背筋が手に入ります。 また、それだけではなくピラティスを始めるとスラリとした手足に美しくしまった下半身に生まれ変わります。 それもそのはず、ピラティスは骨盤等のしなやかな体を作る筋肉がある箇所を鍛えているのです。 ピラティスで鍛えられた体の中心はバランスの良いしなやかな体を作り上げます。 しかも柔軟さが鍛えられるので美しい動作も簡単に出来るようになるのです。 また、ピラティスは呼吸を正しくすることで治癒能力が向上します。 ピラティスは骨や筋肉を安定させる効果があり、しなやかな間接をつくりあげることが可能なのです。

■ ピラティスが与える効果とは?

■ ピラティスはヨガとどう違うのか?

ピラティスはヨガとはどう違うのでしょうか? ある分野では ピラティスもヨガも同じような扱いをされていたり、別名「西洋のヨガ」といわれていたりもしてるので、たしかにヨガとピラティスは似ています。ですが、 呼吸方法がピラティスとヨガの大きな相違ともいえそうです。 また、ピラティスはヨガより道具を使用する場面が多いというのも決定的な違いですね。


HOME



文章情報デパートNF5