エゴマ油(シソ油)

スポンサードリンク

エゴマ(シソ油)について

エゴマ油(シソ油)は、αリノレン酸を多く含み、ダイエットに、花粉症・アトピーなどのアレルギー症状の緩和、体質改善にと注目を浴びています。 

■ エゴマ油(シソ油)とは・・

エゴマ油 (シソ油) は、シソ科のエゴマの種を搾って作られた油です。 エゴマ油には、花粉症・アトピー性皮膚炎などのアレルギー症状の抑制や、抗ガン作用、血液をサラサラにするなどと評判のαリノレン酸が多く含まれています。 カルシウム・ミネラル・ポリフェノールも豊富に含まれており、身体にやさしい油です。

■ エゴマ油(シソ油)の健康効果

花粉症、アトピー性皮膚炎などのアレルギーに

えごま油 (しそ油) に豊富に含まれるαリノレン酸には、免疫力を調整する効果があります。またエゴマ油の、シソ科の植物に含まれるルテオニンというフラボノイドやロズマリン酸というポリフェノールに、抗ヒスタミン効果があり、花粉症の目や鼻のかゆみ、アトピー性皮膚炎の皮膚のかゆみなどを抑えます。

動脈硬化・血栓の予防、血液サラサラ効果

えごま油のαリノレン酸が体内に入って変化することで出来たEPAは、血液をサラサラにする効果があり、血栓を防ぎます。 エゴマ油で、血液をサラサラにし、脳血栓・脳卒中、動脈硬化・心筋梗塞を防ぎましょう。

ダイエットに

エゴマ油に含まれるαリノレン酸が身体の中の脂肪燃焼効率を上げ、身体に脂肪をつきにくくします。

勉強に、脳の活性化・ボケ防止

エゴマ油に多く含まれるαリノレン酸は体内に入るとEPA・DHAに変化します。 DHAは青魚等に多く含まれ「頭が良くなる」等と一躍有名になった成分です。 DHAは脳の神経細胞を活発化したり、神経細胞の結合部であるシナプスの情報伝達に大きな影響があるといわれています。 青魚が苦手な、お子さん、学生さんにはエゴマ油がおすすめです!

エゴマ油のその他の健康効果

EPA・DHAの働きで視力回復、DHAがコレステロール値を下げる、クローン病などの腸の炎症を抑える、などの効果がエゴマ油(しそ油)にあります。

■ エゴマ油の使い方

エゴマ油は熱に弱いので、生のままドレッシングに使用したり、ジュースやヨーグルトに混ぜて飲みます。
エキストラバージンオイルのように、生のまま飲んだり、パンにつけて食べる、ドレッシングに使用したり、ごま油のように出来上がった料理に風味付けに、まわしかけると良いでしょう。 エゴマ油は、空気に触れると酸化しやすいので開封後は密閉し、冷蔵庫などに保管して3ヶ月以内に使用するようにしましょう。 エゴマ油の様々な健康効果やダイエット効果を期待する際は、最低でも3〜6ヶ月は継続してエゴマ油を使用するようにしたほうが良いと言われています。


HOME



文章情報デパートNF5