シソ茶 (紫蘇茶)

スポンサードリンク

シソ茶 について

シソ茶は花粉症、アトピーなどのアレルギー症状を緩和。シソの香りでリラックス。
ジャパニーズハーブティー、しそ茶!  

■ しそ茶(シソ茶)とは・・

花粉症、アトピー性皮膚炎などのアレルギーは、ムズムズと痒くて辛いですよね。 そんな方におすすめなのが、この シソ茶 。 シソには、アレルギー症状を抑止する抗ヒスタミン成分がいくつも含まれています。 同じように花粉症に効くといわれる甜茶は甘くて飲みにくいという方には、この シソ茶 (紫蘇茶・しそ茶) がオススメ!さっぱりした味と、シソの香りでリラックスできます。(しその香りには鎮静作用があります。)

紫蘇(しそ)

原産国は、中国、ヒマラヤ、ビルマ。 シソは日本でも古くから栽培されており、なじみの深い野菜、ハーブです。 赤しそ、青しそ等の種類があり、青しそはカロテンなどの栄養素が多く、赤しそは薬効成分が多いといわれている。

■ シソ茶の効果

アトピー性皮膚炎に

シソの葉エキスには、アトピー性皮膚炎にステロイド剤と同等の効果があるという研究結果が明らかになっています。 肌が弱い方、皮膚のかゆみに、シソ茶は、やさしい味と香りで赤ちゃんからお年寄りまで安心して呑むことができます。

花粉症に

シソ茶に含まれるロズマリン酸は花粉症に高い効果があると近年注目を浴びています。

その他のアレルギー症状

シソに含まれるαリノレン酸がアレルギー症状の緩和に、青シソに豊富に含まれるβカロチンが粘膜や皮膚を保護し、抵抗力を強くします。

冷え性に

古くからシソは豊富な鉄分で冷え性を解消するといわれています。

疲労回復・ストレスに

シソ茶の香りには、鎮静作用(リラックスさせる効果)があります。 また、シソ茶にはカルシウムも多く含まれ、イライラ・うつにもよいと言われています。

健胃・整腸・胃神経症に

シソ茶に含まれる芳香成分に、胃酸の分泌を促し食欲を増進させる効果があります。胃が悪くて食欲がないときにおすすめです。 そのほか、冷えによる下痢や食あたりにも良いといわれています。

喉の痛み・ぜんそくに

シソ茶の殺菌・鎮静作用で、喉の痛み、咳止め、喘息、扁桃炎に効果があります。 シソは、風邪や気管支炎、ぜんそくの漢方薬に含まれています。

シソ茶のその他の健康効果

シソ茶はそのほかにも、心臓病、動脈硬化、糖尿病、神経痛、筋肉痛、妊娠中の嘔吐(つわり)等にも効果があります。

 

■ シソ茶の飲み方・使い方

さっぱりした味で飲みやすく、良い香りでリラックス シソ茶(しそ茶)

シソ茶はティーバックで販売されているものが大半です。 カップや急須にお湯を注いで、または、ヤカンやティーポットで煮出して飲みます。 花粉症には、花粉が飛び始めて症状が起こる2〜3ヶ月前からシソ茶を飲んでおくと良いそうです。 風邪のひきはじめには、シソ茶を乾燥したみかんの皮・しょうがとともに煮出して、喉の痛みや痰・咳止め、口内炎には、煮出したシソ茶でうがいをします。 シソ茶のティーバックをお風呂に入れると、冷え性、腰痛、リウマチ、神経痛、筋肉痛、などに効果的です。


HOME



文章情報デパートNF5