ハナビラタケ

スポンサードリンク

ハナビラタケについて

ハナビラタケ は抗ガン作用や免疫力を高めるベータグルカン含有量が多いことで注目されている幻のキノコです。 ハナビラタケ は、ガン・白血病、アレルギーなどに効くことで注目を浴びているβ−グルカン(ベータグルカン)が、ハナビラタケ同様にベータグルカンを多く含んでいるといわれているアガリクス茸のおよそ3〜4倍も多く含む健康に良いきのこです。

■ハナビラタケ

ハナビラタケ科ハナビラタケ属のきのこ。

関東以北の標高1000m以上の高山で、春〜夏にかけてカラマツなどの根元や切り株から木の栄養分を吸って成長します。 白〜薄い黄色の花びらのような形からハナビラタケと呼ばれるようになりました。 ハナビラタケは自生している量が少なく発見されにくいことから「幻のきのこ」と言われています。ハナビラタケには、抗ガン作用や免疫力を高めるベータグルカンが多く含まれています。 ベータグルカンは酵母類やキノコ類等に含まれる健康効果が高い栄養素で、ハナビラタケのベータグルカン含有量は、霊芝、メシマコブ、などの健康に良いきのこと比べてはるかに多く、ベータグルカン含有量が多いことで既に有名なアガリクスの3〜4倍もあります。 ハナビラタケは今、スーパーきのことして注目を浴びています。

■ ハナビラタケのベータグルカン効果

ガン細胞の縮小・抗ガン剤の副作用の軽減

ハナビラタケ に含まれるベータグルカンにはガン細胞の縮小に効果があることや、抗がん剤の副作用を軽くする作用があることが学会発表や臨床結果からわかっています。 ベータグルカンはナチュラルキラー細胞(白血球の中にありガン細胞やウィルス感染細胞を殺す働き)を活性化させる働きでガン細胞を殺し、ガン細胞を排除します。 また、ハナビラタケに含まれるベータグルカンは、血液のガンとも呼ばれる白血病に対しても、抗ガン剤との併用で白血病細胞を死滅させるといわれています。

免疫力の強化

ハナビラタケ に含まれるベータグルカンには免疫力を高める効果があります。 ハナビラタケなどのベータグルカンを含む食品を3年以上摂取している人と、そうでない人では免疫力が5倍も違うとか。 ハナビラタケに含まれるベータグルカンがナチュラルキラー細胞を活性化させ、白血球中に抗炎症性サイトカインを生成させることから、免疫力を高めたり免疫システムの能力を調節します。その為、風邪、喘息、アレルギー、炎症などに効果があるといわれています。

女性の美容と健康に

ハナビラタケに含まれるベータグルカンには、身体のバランスを整える効果があり、女性ホルモンの分泌を調整し更年期障害にも効果があります。 また、ハナビラタケに含まれるベータグルカンは、優れた保水力があり肌を乾燥から守り、コラーゲンやエラスチンを増加させ肌にハリとツヤを与えます。 また、メラニン色素ができにくくしシミも防ぎます。 ハナビラタケのベータグルカンには免疫力を高めたり正常にする効果があるため、肌のトラブルを防ぎます。 このようなことから、ハナビラタケは女性の健康と美容に、またアトピー性皮膚炎などの肌のトラブルでお悩みの方にもお勧めです。

ハナビラタケのその他の健康効果

ハナビラタケ に含まれるベータグルカンには身体の調子を整えたりなど様々な健康によい効果があります。また、ハナビラタケのベータグルカンは殺菌力にも優れており、エイズ、O-157などの感染症にも効果があります。 ハナビラタケのベータグルカンはその他にも、免疫や身体の調整機能で生活習慣病の予防・改善、肥満の防止など様々な健康効果があります。

■ ハナビラタケを食べる

ハナビラタケ は、きのこですので食べることができます。 見つけにくいので幻のきのことハナビラタケは言われますが、きのこ愛好家や登山家の間では大変おいしいきのことして好まれてきました。 味も歯ごたえもよく、マツタケのような香りがします。 ハナビラタケを食べるには、健康食品として売られている乾燥ハナビラタケをもどして料理に使うほか、生のハナビラタケが有名デパート等で販売されています。


HOME



文章情報デパートNF5