スピルリナ

スポンサードリンク

スピルリナについて

スピルリナは塩分が極めて高い水中に生息している藍藻類です。
なぜスピルリナという名が付いたかといいますと、スピルリナはラテン語で「ねじれた」という意味でスピルリナ本体がねじれている藍藻類なので、そのように呼ばれるようになりました。

■ スピルリナは栄養がたっぷり

スピルリナには栄養がたっぷり含まれています。バランスよく栄養をとるには足りない栄養をサプリ等で補給する手もあります。 しかしその場合は天然のものにかぎられます。 ここで紹介するスピルリナは現代人が不足しているとされる緑黄色野菜に含まれているベータカロチンをたっぷり含んでいます。 スピルリナが含んでいるミネラルやビタミンはかなりバランスよく含まれていて、ベータカロチンにかんしてはホウレンソウの40倍。 ミネラルを含んでいる量もスピルリナが持つ魅力でその分消化吸収率もかなりのものです。 スピルリナは緑黄色野菜をマスターしたような存在で、日常生活でも非常に役立ちます。少し話がそれますがスピルリナは30億年前から生息しています。 青緑をした藻で栄養価のバランスがとてもすぐれています。 スピルリナは生活習慣病に関しては驚く効果を秘めています。 ちなみにここ最近確認されたことでスピルリナには免疫力の向上やダイオキシンなどの毒素を排泄するちからを持つとかも注目されています。

■ スピルリナが持つ特徴

スピルリナがどんな特徴をもつのかをまとめますと次のようになります。

  1. 食物繊維がたっぷり含まれている
  2. 野菜代わりの栄養補助にもなる
  3. ビタミンやミネラルが豊富
  4. 必須アミノ酸のバランスが良い
  5. クロレラを上回る栄養補助食品

■ スピルリナは最古の植物

地球上で最も古い植物はスピルリナだそうです。 このスピルリナはどんな形状をしているのかといいますと螺旋の形をしています。 スピルリナは豊富な栄養を含んでいるだけでなく天然のミネラルやアミノ酸などたくさん含まれているのは述べてきました。 その中でもスピルリナグロスファクターと呼ばれるスピルリナが持つ成分は研究が進められ免疫力が高まる効果があるそうです。


HOME



文章情報デパートNF5