トートバック

トートバックについて

シンプルな手提げバックのトートバックは、手に持ったり、腕や肩にかけたり持ちやすくて何でもポイポイ入れられる使いやすさと収納力でバックの定番です。

■ トートバックとは?

トートバックの由来

トートバックのトートとは英語で「tote」=「運ぶ」「背負う」「携帯する」という意味。 そのルーツは、まだ冷凍庫がなかった1944年、氷を運ぶための入れ物として、アウトドアブランドとして有名なL.L.Beanが丈夫なキャンバス地で作ったのが始まりと言われています。

L.L.Beanのボート&トートバック

トートバックの由来ともなったのは、L.L.Beanのボート&トートバック。 ボート&トートバックは、発売当初からの変わらぬこだわりの品質で、丈夫でシンプルで飽きの来ないデザインで人気です。 私も愛用していますが本当に丈夫。重いものを入れても、外で使っても、何年使っても、しっかりとしていてこたれません。 オプションで、トートバックにモノグラムを入れられる(イニシャルや名前を刺繍できる)のも魅力。 私は娘が産まれた時にラージサイズに、娘の名前の刺繍を入れて購入し、マザーズバックとして使った後、おもちゃ入れにして使い、現在は運動会やアウトドアにお弁当や重箱を入れて使っています。 こんな風に10年以上も愛用しているL.L.Beanのトートバックですが、糸のほつれも、底の擦り切れも無く、頑丈で、未だにピンとしてくたびれていません。

■ トートバックの魅力

トートバック はシンプルで無駄の無いデザインで、収納力があり気軽にどんどん上から物を詰め込んで持ち歩けて入れた荷物も取り出しやすいのが魅力。 バックの定番としてトートバックを愛用したり、トートバックが大好きという人も多いですね。 エルメスや グッチ ・コーチ ・バーバリー・シャネルなどのインポートブランドのトートバックもフォーマルにお出かけに素敵ですし、通勤に レスポートサック やケイトスペード、アニエス.bやsazabyのトートバックも素敵。最近人気の吉田かばんやポーターのトートバックもカジュアルでいい感じ。POTERのブルーストライプのバックはかわいくて春夏には是非欲しいトートバック。(吉田かばんの70周年記念シリーズなんだそうです) ブランドのトートバックじゃなくても、雑貨屋さんやバック屋さんの激安だったり手ごろな値段のトートバックもかわいいデザインや機能的なものがいっぱい。 人気のリネン(麻布)やフィードサックで作られた手作りトートバックなんかも素敵。 トートバックならシンプルな形状で作り方も簡単なので、手作りに挑戦してみるのもいいかもしれませんね。


HOME



文章情報デパートNF5