グルコサミン

スポンサードリンク

グルコサミンについて

加齢とともに辛くなる膝や腰の痛み、関節痛。 グルコサミンは、その痛みの元であるすり減った軟骨を再生し、関節の痛みや症状に絶大な効果がある健康食品です。

■ グルコサミンとは・・

グルコサミン は、カニの甲羅やサメ軟骨から作られたサプリメントで、中高年からお年寄りの、膝などの関節の痛みに効くサプリメントとして近年大人気です。

グルコサミンは、元々は私たち身体の中にもあるアミノ酸の一種ですが、加齢とともに失われていきます。また、加齢や運動により膝などの関節の軟骨もすり減ってしまい、関節の曲げ伸ばしの時に痛みが起こるようになります。これが変形性関節症で変形性関節症の治療薬として近年注目を浴びているのがグルコサミンなのです。

■ グルコサミンと変形性関節症

変形性関節症とは関節の曲げ伸ばし時にクッションの役割をしている関節と関節の間の軟骨が、何らかの理由によってすり減り、骨と骨が接触することで痛みが発生する病気です。 ひじ、ひざ、腰、股関節など、関節があるところなら、どこにでも起こります。 50代以上の年齢の人に多く、60歳以上では、ひざ、ひじ、腰、脊髄などに症状の軽い重いの差はあるものの80%がこの症状を抱えているとも言われています。

変形性関節症の中でも多いのが膝の痛みである変形性膝関節症で、男性の場合は重労働、女性の場合は肥満が原因であることが多いです。 酷くなると、日常生活に支障があるほどの痛みになったり、膝に水が溜まったりします。 グルコサミン は変形性関節症の治療に絶大な効果があると注目を浴びています。

■ 変形性関節症など関節の痛みに効くグルサコミン

グルサコミンには次のような効果があります。

グルコサミンは加齢などによりすり減ってしまった関節の軟骨を再生する働きを持っています。また、炎症を抑える働きを持っているので痛みも和らげます。 関節の痛みに悩む人だけじゃなく、スポーツ選手のケガ予防にも効果的です。

■ グルコサミンの摂取方法は?

グルコサミンの一日の摂取量の目安は、1500mg以上

グルコサミンは食物には、ごく微量にしか含まれていません。 予防や日々の健康に程度なら、グルコサミンを比較的多く含んでいるといわれる、ウナギ、ふかひれ、干しえび、山芋、おくらなどを食べるようにすると良いかもしれませんが、既に起きてしまった痛みや変形性関節症の治療目的なら、より多くのグルコサミンを摂る必要があります。

グルコサミンの一日の摂取量の目安は、1500mg以上と言われています。 コンドロイチンと一緒に摂取すると、より高い効果が望めます。 グルコサミンを摂取してから、早い人で1〜2週間、平均で2〜3ヶ月で、痛みが軽くなった、関節が動かしやすくなった等という効果が現れています。

グルコサミンのサプリメントの原料は、エビやカニの殻から作られているものが多いので、エビやカニのアレルギーをお持ちの人は、原材料をよくチェックしてグルサコミンを購入するようにしましょう。


HOME



文章情報デパートNF5