ビール酵母

スポンサードリンク

ビール酵母について

ビール酵母とは、ビールの醸造に使う酵母で、ヨーグルトと一緒に食べると空腹感が無くなるとして注目のダイエット素材であるだけじゃなく、豊富な栄養や抗酸化力で注目の健康食品です。

■ ビール酵母とは・・

ビール酵母 は、女性なら一度は聞いた事があるダイエットやサプリメントかもしれません。 ビール酵母ダイエットや、妊婦の栄養補給やつわり軽減にビール酵母の錠剤が良いなどと見聞きした事はないでしょうか?

ビール酵母とは、ビールを醸造する際に必要な酵母で、ビールの醸造に使われた後は、ビールの中には含まれず、ビール酵母は、パンやアルコール類などの製造や醸造に必要な酵母の中でも、ビール酵母は栄養がもっとも高い酵母なのです。


ビール酵母はビールの醸造には使われますが、ビールの濁りや日持ちがしなくなる原因なので、ろ過され、ほとんど含まれていませんが、その栄養価の高さなどから地ビール等、ろ過せずに生きたまま酵母を残していることを特徴にしているビールもあります。


ビール酵母は、発酵直後の栄養が最も高く、たんぱく質やアミノ酸、ミネラル、鉄分、カルシウム、食物繊維がたっぷり含まれています。ビール酵母のその豊富な栄養が、ダイエットに、健康に良い様々な効果があるとして注目されています。

■ ビール酵母ヨーグルトダイエット

ビール酵母 には、豊富な食物繊維で少し食べただけで満腹になり、ダイエット食品として有名です。ビール酵母は、少量で満腹感になって食事を減らすことができるだけじゃなく、豊富な栄養でダイエット中の栄養バランスに、豊富な食物繊維でダイエット中の便秘の予防や、ビール酵母に豊富に含まれるアミノ酸やビタミンB群の効果で、脂肪や炭水化物を燃焼させます。 このような事から、ビール酵母はダイエット食品としても人気があります。 ビール酵母ダイエット の方法は、主に乾燥粉末ビール酵母をヨーグルトに混ぜて、3度の食事のうち1回を、この ビール酵母ヨーグルト にするというものです。

■ ビール酵母ヨーグルトダイエットレシピ

<ビール酵母ヨーグルトに必要な材料>
<ビール酵母ヨーグルトの作り方>

ヨーグルトに、ビール酵母を入れ、よく混ぜます。

<ビール酵母ヨーグルトの食べ方>

よく混ぜたビール酵母ヨーグルトを、ゆっくり時間をかけて食べます。

これだけの手軽さでビール酵母ヨーグルトダイエットが出来るのですが、ビール独特の味が苦手と言う人が多いようです。 ビール酵母ヨーグルトの味が苦手な人は、ヨーグルトにビール酵母を入れる際に、少しずつ入れて味を見ながらビール酵母の量を調整したり、レモン汁やクエン酸、ダイエット甘味料(ノンカロリーやカロリー少な目の砂糖・シロップ等)を入れると食べやすくなります。 ビール酵母ヨーグルトを食べながらや食べた後が、なるべく水分を多めに摂ったほうが、ビール酵母の食物繊維がお腹で膨れて効果的です。 このビール酵母ヨーグルトを一日1度、朝食など食事代わりに食べるだけですが、他の2回の食事は、何を食べても構いませんが、一応ダイエット中というのを頭に置いて、軽めにしたりなど気を配ったほうがより効果的でしょう。

■ 料理にビール酵母

肉料理におすすめ、ビール酵母

ビール酵母 は、元々は食品の添加剤に使われるものです。 その為、ビール酵母はクッキング用、料理用などと書かれて販売されていたりもします。 ビール酵母は、料理にうまみやコクを与える効果があるので、調味料などとして使われます。特に肉料理におすすめです。うまみやコクを与えるだけじゃなく、肉をやわらかくします。また、ビール酵母の豊富な栄養も取ることができて一石二鳥です。 ハンバーグやから揚げに、ビール酵母を大さじ1〜2杯混ぜて使います。ビール酵母は色々な料理に使う事ができ、手軽に美味しく栄養アップできます。

ビール酵母の健康効果

ビール酵母 は、健康にも良い効果が色々とあります。 ビール酵母に多く含まれるビタミンB群が疲労回復に、豊富なミネラルが血圧を安定させます。また、酵母類には ベータグルカン が含まれており、免疫力や身体の調子を整えたりなどの効果があります。
ビール酵母には、その他にも、整腸・健胃、口臭・体臭予防など、様々な身体に良い効果があります。


HOME



文章情報デパートNF5