ルテイン

ルテインについて

白内障、緑内障、老眼などの加齢とともに現れる目の病気や視力低下、目の健康に、 ルテイン が効果的です。

■ ルテインって何?

ルテイン は、カロテノイドという動植物に含まれる色素の一種で、最近、目の健康を左右する重要な成分ということがわかり、注目を浴びています。ルテインは、眼の中でレンズの役割をする水晶体、網膜の中心にあり視覚に重要な働きをする黄斑部にはルテインとゼアキサンチンという成分しか含まれておらず、ルテインが減少する事で視力低下や眼の病気を引き起こしてしまいます。

■ ルテイン不足により起こる眼病・眼のトラブル

ルテイン には強力な抗酸化作用や、青い光を吸収する特徴を持っています。 この為、紫外線や蛍光灯・テレビ・パソコンなどから発せられる目の健康に悪い青い光から、眼を守ったり、紫外線などにより出来てしまい、眼の病気の原因になる活性酸素を除去し、眼の健康を守るのです。

ルテインは、加齢や眼を酷使することや、食生活の欧米化、ストレスなどで減少したり、動きが鈍くなってしまいます。 そこで、ルテインを多く含む食品やサプリメントでルテインを補い、眼の健康を保ち、眼の病気を予防する事が大切です。

■ ルテインを多く含む野菜

ルテイン は、ケール、ほうれん草などに多く含まれています。マリーゴールドという花には、ケールやほうれん草の10倍ものルテインが含まれており、マリーゴールドから抽出されたルテインをサプリメントにしたものや、ルテインを配合した健康食品が人気です。

■ ルテインは、いつどれくらい摂るのが効果的?

ルテインは夕食後に、予防には6〜12mg、改善には20〜40mgが効果的

ルテイン の摂取量は、眼の病気・トラブルなどの予防には6〜12mg、眼の病気・トラブルなどの改善には20mg〜40mgぐらいが良いとされています。 ルテインは食後のほうが吸収が良いのと、眼の回復は睡眠時であることから、夕食後にルテインを摂取するのが最も効果的です。


HOME



文章情報デパートNF5