マジックソープ

スポンサードリンク

マジックソープについて

マジックソープは、アメリカのファッション雑誌「VOGUE」でも大きく取り上げられた。 ファッショナブルでおしゃれなスタイルを売り物にしているこの雑誌が、どちらかといえば地味で品質の良さだけを売り物にしているようなこの「マジックソープ」を、その信念を曲げてまでも雑誌のスタイルとは全く合わないのにもかかわらず何ページものスペースを割いて誌面で紹介したのは、この石鹸が、まさしく本物であるという証明に他ならないでしょう。

■ マジックソープってどんなもの?

Magic Soap というからには石鹸のことかな?というのは誰もが思い浮かべることでしょう。この「マジックソープ」というのは商品名です。 アメリカのブロナー博士(Dr. Bronner)が作り出した製品の名前が「マジック・ソープ」。ほかにも「王様の石鹸」「ブロナー石鹸」「Dr.ブロナーのマジックソープ」など、その呼び名は色々あるみたいです。

■ マジックソープのヒミツ

このマジックソープは、すべて天然素材を使っています 普通石鹸といえば、界面活性剤を使用しており、合成添加物が原材料に含まれているのが普通です。合成添加物(合成界面活性剤・合成保存料・合成着色料など)は、一切使われていません。 そのオイルの原料となるものも100%天然有機栽培(オーガニック)のものを使用するというほどのこだわりを持っています。 肌に優しい石鹸として人気のヒミツもこの辺りにあるのですね!

■ よくオリーブ石鹸も

ナチュラルソープとして名前があげられます。 マジックソープは、オリーブ油(オリーブオイル)とヤシ油(ココナッツオイル)をベースにして、それにヘンプ油(ヘンプオイル)と保湿効果のあるホホバ油(ホホバオイル)をブレンドして石鹸を作っています。

ヘンプ油は、麻種子油ともいい、麻の種から採れるオイルで、肌を形成するのに重要な栄養素であるリノール酸、アルファリノレン酸、ガンマリノレン酸、オメガステアドリン酸を豊富に含んでいます。
そして、ホホバ油と混ぜることによって、更に美肌効果がアップするという近年注目の成分です。ドクターブロナーのマジックソープは、このオイルの配合率が絶妙で、この配合で「マジックソープ」を作れるのは、世界でこのドクターブロナーのところだけです。しかも、天然素材100%の原材料を使ったリキッドタイプは希少価値があります。

カスチール石鹸

マジックソープのパッケージやラベルにも書いてある「PURE-CASTILE SOAP」というのは、マジックソープの本来の石鹸の種類の名前に由来します。カスチール石鹸(CASTILE SOAP)というのは、スペインのカスチール地方で中世の時代から作られてきた石鹸のことです。石鹸の原材料は、天然の植物オイルが使われています。旧カスティリャ王国時代から、その王侯貴族にも愛用されてきたという歴史ある石鹸です。

■ アメリカで大人気のマジックソープ!

雑誌で紹介されただけでなく、アメリカ国内では、著名なメイクアップアーティストやスーパーモデルたちも愛用していたり、スーパーに行くと必ず売られていたり、とマジックソープは大人気なのですよ!

■ マジックソープの効果

マジックソープは、オーガニックの天然素材100%のオイルを原料にし手います。 だから顔だけでなく全身に使うことができます。洗い上がり感はマイルドで、つっぱらない上に、さっぱりとしています。洗顔だけでなくメイク落としとしてもバッチリ使えますし、毛穴に詰まった黒ずみなどの汚れも綺麗に洗い流してくれます。 普通、天然素材を原料としていて、界面活性剤が含まれていない石鹸は泡立ちがあまり良くないものが多いのですが、このマジックソープは、界面活性剤が含まれていないのにもかかわらず、普通の石鹸のように泡立ちが豊かです。


合成添加物を一切使っていないので、身体を洗う以外にも食器洗いや洗濯にも使うことができます。 界面活性剤を使っていないので、環境に悪影響を及ぼさないという理由で、キャンパーの人たちにも支持されていて、野外活動でもこのマジックソープが使われているそうです。 マジックソープは、自然に優しいということがこんなことからも証明されているのですね

■ マジックソープには

ベビーマイルド」「ラベンダー」「ユーカリ」「ペパーミント」「アーモンド」「ティー・ツリー」「ローズ」「レモン」の8種類があります。


ベビーマイルド」は、お肌に優しいので、赤ちゃんや肌の弱い方も安心して使えます。 そのほかのものは、それぞれの香りを楽しめるようになっているので、好きな香りのものを試してみましょう。


石鹸として使う以外には、香りごとの楽しみ方もあります。例えば、ラベンダーの香りには安眠効果があるので、石鹸を布団の中に入れたり、枕元に置いてみたりするといいでしょう。レモンやペパーミントなどの香りは、頭をすっきりさせる働きがあるので、車の中に置いて眠気防止や車内の芳香剤代わりに使っている人もいるそうです。 ただ、妊娠中の方は、アロマオイルは要注意だと思うので、使う前に確認をした方がよいかもしれません。

■ ドクターブロナーとマジックソープ

ブロナー博士は、代々続いたドイツの石鹸業者の家に生まれました。1929年にアメリカへ渡って、カスチール石鹸をベースにした「マジックソープ」を作り始めました。 この石鹸のパッケージの包装紙の裏面には、「モーゼ」「孔子」「マザーテレサ」など世界でも信念を貫いたことで有名な人々の言葉が印刷されています。 それは、ブロナー博士が「世界はひとつ」という哲学的信念を持っていたことが理由となっているようです。


この石鹸の製造元になっている「All-One-God Faith」という会社の社名もその信念に基づいてつけられたのでしょうね。 石鹸を売るよりも哲学を売りたいと思っていたというブロナー博士は、私利私欲に捉われて会社を大きくすることよりも、社会的活動に貢献したい、と、多くの社会活動にその会社の利益を提供しました。1997年に98歳で亡くなった後は、その遺産の広大な土地はブロナー博士の遺志により青少年活動に寄贈されました。 それは、カリフォルニアで個人の寄付としては、前例のない規模の寄付ということで、今でも人々の心に残っているのだそうです。


ブロナー博士は、スペインのカスチールで中世の時代から王様たちに愛されてきたこの石鹸に、伝統的な製法を守りながらアロマセラピーの精油を加えて、この「マジックソープ」を作り出しました。今「王様の石鹸」という呼び名でも呼ばれるようになったのもここから来ているのでしょうね。

 

 


HOME



文章情報デパートNF5