ストレッチデニム

スポンサードリンク

ストレッチデニムについて

ストレッチデニムの特徴は、それまでのデニムと比べて伸縮性に富んでいることです。 そのため、ストレッチデニム着用した時に体にフィットして、女性にとってウレシイのは、ストレッチデニムのデニムを履くと美脚効果があること!美脚効果を謳ったストレッチデニムジーンズは、たくさんのメーカーから発売されていますよ。

■ ストレッチデニムって?

ストレッチデニムの誕生

1992年にボブソンが「04ジーンズ」を発売したことにより、デニムはソフト化の道を歩み始めました。04ジーンズは、レーヨンとデニムを融合させた、デニムの素材としては画期的なストレッチデニムの原型と言うべき生地を使用しています。 現在のストレッチデニムと違い、それまでデニムというと、重くて厚手でごわごわしていてフィット感は感じられないものというイメージの素材でしたが、ストレッチデニムの原型のこのデニムは、軽い上に柔らかくて履きやすいという特徴があり、幅広い年齢層の人たちから支持されて、爆発的に売れました。 それにより、他のジーンズメーカーも相次いで同じようなソフト感のあるデニムを発売して、「ソフト・ジーンズ」という新たなデニムブームをもたらしたのです。 このデニムの素材のソフト化は更に進み、その後にはレーヨンの変わりにテンセルを使用した「テンセルジーンズ」も売り出されました。 そして、登場したのが、「 ストレッチデニム 」

■  日本のデニム年表

デニムといえば、昔からアメリカ生まれのものというイメージがあります。そのイメージ通り、1960年代に入るまでは、日本国内にはデニムを生産するメーカーがありませんでしたし、日本でのデニムの歴史は戦後からのイメージも多くの人が持っていることでしょう。 しかし、実は1905年にはもう既に日本にデニムが入ってきていたという話があります。調べてみると、リーバイスが1905年に日本で商標登録をしていたという事実が公表されていました。1913年9月1日に起きた関東大震災の時に外国から届いた救援物資の中にもデニムが入っており、「香港ズボン」という名前で輸入されて販売されていたという話も聞きます。しかし、その当時のデニムは、日本人にはその着心地が合わなかったようで、たくさん売れるということはなく、その後輸入も途絶えてしまったようです。 第二次世界大戦が日本の敗戦とともに、闇市などでまたデニムが出回るようになりましたが、それは衣料としてではなく、機械などを磨く布として飛ぶように売れていたそうです。しかし、売られていたデニムは、中古で、衣料品の輸入が認められていなかったため、米軍の放出品が売られていました。

 

1950年代 -デニム年表

日本に中古のデニムを輸入され始め、日本のデニムの新しい時代を築く第一歩となりました。しかし、その当時は、擦り切れたり汚れたりしているデニムを補修したり、日本人のサイズに合うように補正したり、洗濯し直して市場に出していました。

1957年 -デニム年表

新品の衣料品の輸入が解禁され、新品のデニムも輸入できるようになりました。しかし、新品のデニムは、その頃は新品といえば未洗いのものしかなく、洗濯すると縮んだりすることが多く、その上糊がついているのでごわごわした履き心地で、脱ぎ着がしづらくて、その上値段も高価なものでした。実際、売れ行きも良くありませんでした。試しに、その未洗いのデニムを一度洗ってから市場に出したところ、未洗いのものと比べて格段に売れるようになりました。しかし、当時は、体型的にも日本人の体型には輸入デニムは合わなかったようです。その製品自体が日本人には合わないために売れないのではないか?ということで、柔らかくて履きやすく、縮みも少ない日本人に合ったデニムを、気軽に買えるような値段で作ろうと各社が取り組むようになりました。

1963年 -デニム年表

衣料以外に生地の輸入が自由化され、輸入生地を使って、日本人の体型に合ったデニムを国内で使うことが可能になりました。「日本のジーンズの父」と言われる大石貿易の大石哲夫氏は、リーバイス501の縫製をほどいてパーツに分解し、それを元にして型紙を再現しました。それを参考にして、日本人の体型に合うデニムの型紙を考案し、製品化しました。それが「Canton(キャントン)」という日本初のジーンズブランドです。同じ年には、 1961年にスタートしたEDWINもEDWINブランドでデニムを発売しました。

1970年代 -デニム年表

日本のデニムは、アメリカの影響をかなり受けていたようです。1964年の映画「ウェストサイド物語」の後で、EDWINがカラーデニムを発売したのもその影響の強さを物語っているものかもしれません。ベルボトムのデニムがビッグジョンから日本で初めて発売されたのもこの頃です。アメリカの3大デニムメーカーも日本に進出してきて、日本国内でも「デニム」という分野がファッションの中で確立してきました。この頃は、デニムの売り上げの半分以上はブルーデニムで、デザインとしては、今とは違いフレアータイプのものが半分近くのシェアを占めていました。それまで売り上げの好調だった「リーバイス501」などのフロントボタンのタイプのデニムの売れ行きは少し鈍化していきました。

1972年 -デニム年表

石油ショックをきっかけに、社会的には省エネルギーや環境保護の気運が高まってきました。そして、この頃は、それまでフレアー主体の売れ行きがストレートへと移ってきたという移行期でした。また、「シェービング加工」や「ブリーチアウト」などの加工技術が出てきた時期でもあります。「シェービング加工」は、「ひげ加工」とも呼ばれ、実際に履いた時にできるような皺を加工でつけて、ユーズド感を出す加工です。「ブリーチアウト」は、「ブリーチ」「アイスウォッシュ」とも呼ばれ、漂白剤を使用して、色を抜き、白っぽくしたような感じを出す洗い加工です。

1970年代後半 -デニム年表

ジーンズ=デニムという固定観念を打ち破るような「コーデュロイデニム」や夏場のデニムとして「ホワイトデニム」が新たな傾向として発売されました。また、婦人向けのデニム商品として「デニムスカート」や「デニムキュロット」が出されたり、EDWINが「サムシング(SOMETHING)」という婦人向けの専用ブランドを立ち上げた(1979年)りして、デニムは男女を問わないファッションアイテムとしての地位を不動のものにしました。デニムの専門店も日本国内で5000店にもなったそうです。

1980年後半 -デニム年表

新たに今まではデニムを出していなかったデザイナーたちがデニムも出すようになりました。カルバンクライン(Calvin Klein)、ラルフローレン(Ralph Lauren)などと言ったブランドもデニム業界に参入したのです。そのことによって、デニムというファッション分野に、「デザイナージーンズ(ステータスジーンズやディナージーンズともいう)」という新しいデニムのカタチが生まれました。デザイナージーンズは、今までにデニムを履いたことのなかった女性たちの需要を新たに開拓することになったのです。これを境にして今までにない新しいデザインのデニムが続々と生み出されました。1980年代後半の「ケミカルウォッシュ」という洗い加工は、一大ブームを巻き起こしました。

1990年代以降 -デニム年表

デニムはソフト志向が高まりました。「 ストレッチジーンズ 」のデニムもその流れを組んだものなのです。


HOME



文章情報デパートNF5