BCAA

BCAAについて

■ BCAAとは・・

BCAA はマグロの赤身などに多く含まれ、筋力をつけながらのダイエットや、激しい運動のサポート等に効果的な必須アミノ酸です。 BCAA は B ranched C hain A mino A cidの略で、日本語で言うと 分岐鎖アミノ酸 です。BCAAとは、必須アミノ酸のバリン、ロイシン、イソロイシンの3つのアミノ酸の事を指す総称で、バリン、ロイシン、イソロイシンは、分子に分岐鎖というものをもち構造が良く似ていることから、BCAA=分岐鎖アミノ酸と呼ばれています。


BCAAは筋肉や脳のエネルギー源として働くため、スポーツ選手の筋力アップ、筋肉疲労の防止、集中力アップにとサプリメントやスポーツ飲料に使われていましたが、最近は燃焼系のダイエットとしてアミノ酸が注目されたことで、BCAAもダイエットをサポートするアミノ酸やサプリメントとして、ダイエット食品などにも配合され注目を浴びています。

■ BCAAの働き

BCAA は、運動前に摂取すると筋肉のエネルギー源として働き、多く摂りすぎて不要な分は持久力を維持することに使われます。運動後にBCAAを摂取すると、筋肉の損傷を回復したり、筋肉痛の原因となる乳酸の発生を抑えます。 また、BCAAは脳に疲労や眠気を伝えるセロトニンが脳に伝わるのを抑える働きがあります。

■ ダイエットにBCAA

ダイエットには運動の前と後にBCAAを摂取するのが効果的

食事制限だけのダイエットは、食べられないストレスが溜まるばかりでリバウンドしやすくなってしまいます。
健康的に痩せて、代謝を良くし太りにくい身体にするには運動が必要です。

アミノ酸がダイエットに良いというのは、アミノ酸を摂るだけで脂肪を燃焼して痩せにくい身体を作ってくれるというのではなく、アミノ酸を摂ることで、BCAAが運動時のエネルギーとして働き、筋力アップや運動後の疲労をとるので、運動量を増やすことでのストレスや疲れを軽減し、無理なく運動が続けられるということなのです。
「ダイエットのために運動をしよう!」と意気込んで運動を始めたら、翌日は筋肉痛でアイタタタ・・。もうそんな風になると次の日も運動なんて気分じゃなくなりますよね。BCAAを摂取していたら前日の運動の疲れが残らず、さらに運動中のスタミナとなってくれるので辛いはずの運動もBCAAのおかげで楽に続けやすくなります。 BCAAを摂って、20分以上の運動をすることで筋力がアップし、代謝が良くなり、太りにくい身体を作るのです。 そして、運動後にもBCAAを摂って、運動疲れを回復し、疲労感を抑えます。


運動前にBCAAを摂る → 20分以上の運動 → 運動後にBCAAを摂る


BCAAで健康的なダイエット、BCAAで太りにくく、BCAAでスリムな身体を手に入れましょう。


HOME



文章情報デパートNF5