セブン銀行

スポンサードリンク

セブン銀行について

「セブン銀行」は、2005年10月11日から使われる予定の「アイワイバンク」の新しい銀行名です。 コンビニエンスストアのセブンイレブンの店舗を中心として展開していた「アイワイバンク」から新たに「セブン銀行」と名前を変えて、この秋スタートします。 銀行のATMの多くが「セブンイレブン」の設置されていることからも、「セブン」という言葉が使われている方が使う人にも親しみを持ってもらえるという意図もあるのでしょうね。

■ 流通業界から生まれた異色の新銀行

アイワイバンク銀行【セブン銀行】とは

アイワイバンク銀行は、イトーヨーカドーを核とするIYグループの中の金融機関としてスタートした比較的歴史の新しい銀行です。 それまで銀行といえば、金融を専業とする会社が本業として行うもの、というイメージがありましたが、スーパーやコンビニエンスストアを本業とする流通系の会社が銀行を作るということで、当時話題となったものでした。

ここが違うアイワイバンク銀行【セブン銀行】

他の銀行と違うのは、店舗を構えない銀行であるということ。 主にATM(現金自動預払機)を通したサービスを提供することで、余計な銀行運営経費をかけないという戦略を採っている特色があります。 店舗を持たないってことで直接はたらく人は145名というBankのスリム化を実現させているのでしょうね。 最初は首都圏からスタートした「アイワイバンク(セブン銀行)」ですが、今では、20都道府県に展開するまでになりました。ATMの設置台数も8,000台を突破しています(2004年5月17日現在)

■ ここが違う預金口座!セブン銀行

口座申し込みは郵送で

普通は、銀行の窓口に行って申し込むのが普通ですが、アイワイバンクには店舗がありません。 申し込み書は、3種類の方法で入手できます。

ホームページから

アイワイバンクのホームページから申込書をプリントアウト

口座も簡単

口座もセブンイレブンなどに行って申込書をGET!

インターネットや携帯電話

インターネットや携帯電話のモバイルページ、フリーコールの請求窓口から申込書を送ってもらう。 申込書を手に入れたら、必要事項を書き込んで、所定の場所に印鑑を押して、法律で定められている本人確認書類(免許証・保険証など)のコピーと一緒にアイワイバンクへ送れば、申し込みは完了!

■ インターネットバンキング

インターネットで365日

取引明細もインターネット上で365日いつでも確認できます(取引明細を郵送でのみ申し込みしている場合以外)。自宅にパソコンがあれば、365日いつでも振込みの申し込みなどが可能です。

■ ATMがいつでも利用OK!

ATMも24時間

365日24時間いつでもATMから「引出し」「預入れ」「お振込」「残高照会」ができます。銀行各支店の他、店舗に設置されているATMであれば、いつでも利用可能!提携している金融機関のカードでも引き出しができるから便利です!ATMの利用時間も、朝7時から夜7時まで引き出しが0円で、他の金融機関に比べるとかなりお得ですね。

■ 口座維持費がかかる?

通帳はありません

普通は銀行で口座を開設すると取引明細を記載するための帳票に当たる「通帳」が発行されますが、アイワイバンクの場合通帳はありません。その代わりに、取引明細表の控えを受け取ることができるようになっています。この取引明細表は、インターネット上で確認するだけでは0円です。 郵送でのみ明細表を受け取る時は、月額105円がかかり、インターネットと郵送の両方で明細を確認する場合は、月額315円がかかります。 ただし口座開設月とその後の6か月は郵送のみの場合は手数料がかかりません。前月の平均残高が10万円以上の場合も無料です。インターネットのみの利用にすれば、口座維持費はかからないので、家にプリンターがあれば、自分で明細画面をプリントすれば、維持費はかからないで済みますね!ネット上で口座振替の操作をする時、相手口座が同じアイワイバンクであれば、52円の振込手数料で済んでお得です。


HOME



文章情報デパートNF5