テアニン

スポンサードリンク

テアニンについて

緑茶(日本茶)の主成分は、苦味の成分であるカフェイン,渋みの成分であるカテキン類,
甘味・旨味の成分であるテアニンです。カテキンと同様にテアニンも近年注目を集め雑誌やテレビでも話題になっています。

■  テアニンとは?

テアニンは緑茶などに含まれるアミノ酸の一種です

グルタミン酸に似た化学構造をしています。緑茶には、グルタミン、アスパラギンなど11種類のアミノ酸が含まれていますが、そのうちの約半分はテアニンです。

また、テアニンは、緑茶100gあたりにつき0.6〜2g含まれており、玉露・かぶせ茶・抹茶といった高級茶ほど多く含まれています(通常の煎茶の約2〜4倍)。

テアニンはなぜ高級茶に多く含まれているのか

それは、茶葉の栽培方法の違いによります。テアニンはお茶の木の根で生成され、茎を通って葉に移動します。そこで直射日光を浴びると、光合成に利用されてカテキンに変化します。玉露やかぶせ茶、抹茶はその働きを抑えるために(つまり、甘味・旨味を出し、渋味を抑えるために)、日光をさえぎって栽培されます。よって、テアニンからカテキンへの変化が抑制されて葉に残留することになります。逆に言えば、カテキン含有量は高級茶ほど少なくなります。

■ テアニンの効果

テアニンを摂取するとα波が増加する

太陽化学研究所と愛知淑徳大学による共同研究では、テアニンには、α波(リラックス状態)を増加させ、心身をリラックスした状態にさせる効果があると明らかにされました。静岡県立大学の研究グループの追加実験によれば、テアニンを摂取してから40〜50分後にα波(リラックス状態)が増加することが観察されました。

テアニンをとると睡眠の質が改善する

太陽化学研究所と国立精神・神経センター精神保険研究所による共同研究ではテアニンに睡眠の質を改善する効果があることが確認されています 。試験では、テアニンを摂取した場合、睡眠中に覚醒する時間が減少すること、テアニンを摂取した方が入眠がスムーズであったこと、睡眠に対する満足感が高かったことが判明しました。

テアニンの効果いろいろ

そのほかにも、血圧を下げるという結果やストレスを低減するといった報告もなされています。テアニンの、ストレスによる過食の予防作用や脂肪蓄積の抑制作用についての研究も続けられております。また、そのほかにも抗ガン剤作用増強効果についての実験も行われています。動物実験では脳の神経細胞がグルタミン酸に破壊されないように保護する働きがテアニンにあることも示されています。このような研究・実験によって、テアニンの効果が解明されるに伴い、今後ますますテアニンに注目が集まることでしょう。

■ テアニンを効果的に摂取するには?

上手にテアニンをとろう

テアニンはお湯に大変溶けやすいのです、カテキンが80℃以上の温度で段階的に溶け出すのに対して、50〜60℃の温度で溶け出します。また、テアニンは一煎目で約70%のテアニンが溶け出してしまいます。テアニンについてはカテキン同様に、1日に必要な摂取量は定められていません。


緑茶のテアニン含有量は100gあたりにつき0.6〜2g程度ですから、たとえば一日に200mgのテアニンを摂取するためには、湯呑み茶碗20杯分を飲む必要があります。すると、同時に500mgのカフェインを摂取することになります。過度のカフェイン摂取は、排尿,下痢,不眠症,不安感,胸焼け,いらいらなどの原因になることがあります。また、カフェイン含有量は煎茶よりも玉露や抹茶などの高級茶では多くなります。カフェインの過剰摂取を抑えるためには緑茶で一日4〜5杯程度が目安になりますから、緑茶だけからテアニンを摂取するのは難しくなります。より多くのテアニンを緑茶から抽出するためには、60℃以上のお湯でいれて冷ます時間を長めにとるとよいでしょう。また、リラックスしたい時や就寝前であれば、カフェインの抽出を少なくするために、80℃以下のお湯でいれるとよいでしょう。

テアニンだけを効率的に摂取する選択肢の一つに、テアニンを栄養補助食品(サプリメント)で摂取する方法もあります。この場合には製品の注意・説明事項を確認してください。

いずれにしても、無農薬・有機栽培された茶葉から精製されたものを選ぶようにしてください。


HOME



文章情報デパートNF5