禁煙草

スポンサードリンク

禁煙草について

■ 禁煙草は味も形もタバコそのもの。

火を付けて吸う。でもそれはタバコではないのです。禁煙グッズ(禁煙補助製品)その名も禁煙草なのです。

ホントにそんな禁煙方法でタバコをやめられるのかって?

家族や健康・美容のために真剣に禁煙を考えているのに中々禁煙に成功できない方、禁煙グッズや禁煙方法を手当たり次第に試しては結局禁煙を諦めてしまった方。取り敢えず、たった今手にしたタバコに火を付けるのを待ってください禁煙草があります!

■ タバコは百害あって一利なし!タバコの煙は、こんなに有害

ニコチン、タール、一酸化炭素の三大有害物質を筆頭に、ダイオキシン、シアン化合物、窒素化合物、ヒ素、アセトアルデヒドなどなど、4,000種類以上の化学物質と有害物質が200種類以上含まれています。そして発ガン性物は30〜40種類。がん全体のうち原因の2〜3割が喫煙と推定されています。喫煙者の肺癌での死亡率は4倍以上、喉頭癌での死亡率は20倍にもなります。


タバコの煙は、喫煙者が直接タバコから吸い込む主流煙と、タバコの点火部から立ち昇る副流煙に分かれます。約200種類の有害物質は、副流煙の方に多く含まれています。つまり、喫煙者自身も喫煙者の周囲にいる非喫煙者が受ける健康被害の方が遥かに大きいのです。

■ 韓国から上陸!禁煙草

禁煙草は韓国からやってきました。臨床実験における禁煙希望者の禁煙成功率はなんと96% (減煙含む)!世界囲碁界に冠たる大天才棋士・韓国の曹 薫鉉(チョ・フンヒョン)九段も、禁煙草で禁煙に成功しました。

禁煙草は、韓国食品医薬品安全庁の安全性・有効性・毒性検査に対する厳密なテストを経て、世界で初めて医薬部外品の認可を取得した禁煙補助製品です。

■ 禁煙草の主成分は杜仲葉

漢方薬や健康茶でおなじみの杜仲茶の葉。これを熟成させるとタバコにとても似た味がするのです。これをタバコ型にしたのが禁煙草です。杜仲は、トチュウ科トチュウ属トチュウという“一科一属一種”の、世界でもほかに例を見ない大変珍しい落葉樹で、中国に自生しています。中国の多くの本草書(漢方薬の本)には、杜仲は、「人参」「鹿茸(鹿類の幼角)」と並んで三大名薬(「冬虫夏草」「芍薬」を加えると五大漢方薬)とされています。

杜仲の若葉はお茶として利用されています。杜仲の葉には、鉄分や亜鉛など、健康維持に大きな役割を持つ成分が含まれています。 ほかに、カリウム,カルシウム,マグネシウムなど各種ミネラル成分やビタミン類なども含まれています。

また、杜仲茶ならではの成分であるゲニポシド酸には、高血圧症や高脂血症の軽減、ストレスの緩和など生活習慣病に対する予防作用があります。

1976年に発表された中国の研究機関による年次報告書には杜仲には血圧を緩やかに下降させ、血行障害を改善する。利尿効果があり、腎臓病にも治療効果がある。リウマチや神経痛のような関節痛に対して効果がある。鎮痛剤としてなども認められています。

■ これで禁煙成功間違いなし!

禁煙草は、タバコのように火を付けて吸います。ですから、禁煙中の口寂しさを感じることがありません。禁煙草は1箱110本入りです。これは、タバコを真剣にやめたいという意思を持っている禁煙希望者が使用する10〜15日分相当の量です。一日に禁煙草を吸う本数を計画的に決めて、その分だけを付属の携帯ケースに入れて持ち運べば、禁煙草の本数をコントロールしやすくなります。禁煙草の使用例を参考に、自分や家族の健康のために禁煙を成功させてみませんか?

■ 画期的な禁煙方法!

比較的スムーズに禁煙が始められる禁煙方法として、ニコチン置換療法が挙げられます。この禁煙方法では、ニコチンガムやニコチンパッチなどを使用します。ニコチンガムは口腔内の粘膜から吸収して血液中のニコチン濃度を上げるもので、ニコチンパッチは皮膚から吸収して血液中のニコチン濃度を上げるものです。いずれも、禁煙による離脱症状(禁断症状)がおきたときに使用して、この症状を和らげるものです。禁煙成功率は、ニコチンガムが4割、ニコチンパッチが6〜7割程度です。

 

もっとくわしく、喫煙草

■ 禁煙草はニコチン含有量ゼロ

離脱症状がおきたときにタバコの代用として使用しますが、禁煙草はニコチン含有量ゼロ。そこがニコチン置換療法とは大きく違うところ。禁煙草の主成分は体に無害な“杜仲葉”です。禁煙草は味も形もタバコと変わらないので、禁煙草を吸うと喫煙欲求に対して代理満足の効果が得られます。禁煙草が喫煙欲求を満足させてくれるので、離脱症状を乗り越えられる、という訳です。

■ 禁煙したい人=喫煙者の半分以上

厚生労働省の「2003年国民健康・栄養調査」によれば、喫煙者のうち半数以上が禁煙に挑戦した経験を持ち、その回数は男性で平均4.6回、女性で平均3.6回に上ります。またタバコをやめたいと考えているは男性で4人に1人、女性で3人に1人という割合です。 健康や美容によくないから。家族や同僚に迷惑をかけるから。やめたいと思っているのにやめられない。減らしたいと思っているのに減らせられない。禁煙を継続できないのは意思が弱いからでしょうか?それとも、喫煙に対する認識が甘いからでしょうか?

■ ニコチン依存症

喫煙習慣には、身体的あるいは薬理的な依存(いわゆるニコチン依存症)と心理的な依存という側面があります。 喫煙習慣はニコチン依存症そのものと言えます。ニコチン依存症もれっきとした薬物依存症の一種ですから、そう簡単にニコチンへの依存を克服することができるものではありません。しかもニコチンの依存性はアルコールより強く、ヘロインやコカインに匹敵すると言われています。

■ 心理的な依存

一方の心理的な依存というのは条件反射のようなものです。朝起きたら一服、食後に一服、待ち時間や休憩時間に一服、お酒の席で一服、などなど、生活のあらゆるシーンにタバコが結びついてゆきます。そのシーンをタバコなしで過ごそうとすると、「口寂しい」「間が持たない」「落ち着かない」というような気になってしまいます。禁煙は喫煙者にとって辛く苦しいものです。勿論、禁煙グッズに頼らずに禁煙できれば、それに超したことはありません。少しでもスムーズにストレスを感じないで喫煙習慣をやめられるなら、その禁煙グッズや禁煙方法に飛びつきたくなるのが、禁煙希望者の当然の心理なのです。 そこで、禁煙草の出番です。禁煙グッズは巷に数あれど、禁煙草は今までの禁煙グッズとは一味も二味も違います。

■ FAQ:禁煙草について

Q) 禁煙草を一日何本吸えばよいのですか?

A) 一日に吸う本数の上限・下限は特にありません。禁煙中にタバコを吸いたくなったら、タバコの代わりに禁煙草を使用してください。

Q) 禁煙草は、味も形もタバコに似ているということですが、臭いもタバコに似ているのですか?

A) 禁煙草はタバコのような臭いはしません。禁煙草の成分は、杜仲葉90%,紫蘇5%,甘草5%ですから、薬草のような臭いです。

Q) 禁煙草でタバコをやめた後、逆に禁煙草がやめられなくなっていませんか?
A) 禁煙草には中毒性のある物質が含まれていませんので、タバコのように習慣化しません。ただし、禁煙草は禁煙を目的とした商品なので、禁煙の過程で禁煙草の本数を徐々に減らしてください。禁煙に成功すれば、禁煙草にも頼らなくなっていることでしょう。

Q) 現在妊娠中なので、禁煙しようと思っています。禁煙草は妊婦が使用しても大丈夫でしょうか?

A) 妊娠中は禁煙草を控えた方がよいでしょう。喫煙欲求がおこったときには、歯を磨いたり水を飲んだりするなどして、喫煙欲求を散らすようにした方がよいでしょう。

Q) 現在授乳中です。できれば禁煙したいと思っています。授乳中に禁煙草を吸ってもよいでしょうか?

A) 授乳中は禁煙草を使用しても特に問題はないようです。

Q) 禁煙草にはニコチンは一切含まれていないということですが、タールは含まれていますか?

A) 禁煙草には天然のタールが4mg含まれています。これは、肉などに火を加えると出るタールと同様のものです。日常生活の中で支障はありません。

Q) 禁煙草で思ったより早く禁煙に成功したので、禁煙草が余ってしまったのですが?

A) 余った禁煙草はラップなどで密封して保管してください。禁煙に成功した後に、様々なストレスからタバコを吸いたくなったり、お酒の席でタバコを吸いたくなったりすることもあります。そのときにタバコではなく禁煙草を使用してください。

■ 喫煙大国・日本そして韓国 世界は禁煙へ

1988年に世界保険機構(WHO)が5月31日を“世界禁煙デー”に定めてから十数年。日本の厚生労働省においても、1992年から”世界禁煙デー”に始まる一週間を”禁煙週間”として定めています。2003年5月には健康増進法が施行され、同法において、多数が利用する施設(学校や事務所など)の管理者に、他人のタバコの煙を吸わされる受動喫煙の防止が義務づけられました。

世界に一歩遅れているとは言え、日本においても公共施設や事務所などの全面禁煙・分煙化は着実に進んでいるかのように見受けられます。果たして喫煙者は減ったのでしょうか?

2004年6月にJT(日本たばこ産業)が実施した「全国たばこ喫煙者率調査」によると、日本の成人男性の喫煙率は 46.9%(前年比マイナス1.4)、成人女性の喫煙率は 13.2%(前年比マイナス0.4)。男女合わせて初めて30%を切りました(29.4%)。成人の喫煙率は確かに年々徐々に減少していますが、それでもこの数字は先進国の中では極めて高く、また未成年者の喫煙率も依然高いままです(199年の厚生労働省の調査では、15〜19歳の未成年者の喫煙率は男性19.0%,女性4.3%)。国民一人あたりのタバコ消費量も先進国の中ではトップクラスです。

少し古い資料ですが、世界保健機構(WHO)が2001年5月に発表した報告書によると、15歳以上の喫煙者の一日のタバコ消費量は男性部門で日本が1位、女性部門でも日本が1位(男性部門2位、女性部門2位はいずれも韓国)。このように日本はれっきとした“喫煙大国”であり、“禁煙後発国”、や“健康後発国”といった烙印も押されているのが現状です。

一方、2004年現在、韓国の成人男性の喫煙率は57.8%、成人女性の喫煙率は4.1%。20代に限定すると、男性の喫煙率は66.2%、女性の喫煙率は6.1%。また、2004年のタバコ消費量は前年に比べて22.4%増加しています。

禁煙草の使い方

■ 効果的な禁煙方法

禁煙草と嫌煙飴(禁煙飴)や禁煙茶を併用することもおすすめです。禁煙草の本数を減らしていく際に、禁煙草を吸う代わりに嫌煙飴をなめたり禁煙茶を飲んだりするのです。嫌煙飴や禁煙茶には勿論ニコチンは含まれていません。嫌煙飴をなめたり禁煙茶を飲んだ後にタバコがまずく感じられるようになっていますから、自然とタバコの本数が減っていきます。それでは禁煙草での禁煙スケジュールを紹介します。

■ これで禁煙【喫煙層】禁煙スケジュール

初日〜3日目 15本前後 禁煙の決意と目的を再確認してから、禁煙を開始します。
タバコを吸いたくなったら、できるだけ自分の意思で我慢、我慢!我慢できなくなったら、タバコの代わりに禁煙草を吸いましょう。間違ってもタバコを吸わないように!
3日目には1日10〜15本程度に収めましょう。
4〜7日目 10本前後 離脱症状(禁断症状)がおこる時期です。
禁煙草の本数を徐々に減らして、ニコチン依存度を減らしていきましょう。
8〜10日目 5本前後 禁煙草の本数を2〜3本に納めるように努力、努力!
この時期、禁煙に自信がついてきます。
11〜15日目 2〜3本 「タバコ1本くらいなら大丈夫だろう」と油断しないように!
そのタバコ1本で、努力がすべて水の泡となります!
16〜21日目 1〜2本 この辺りから自分の意思だけで禁煙します。最後までやり抜きましょう!
21日目以降 0〜1本 自分の意思だけで喫煙を我慢できれば、禁煙草にも頼らなくてもよくなります。これで禁煙成功、喫煙習慣とオサラバです!

HOME



文章情報デパートNF5