シルバーリング

シルバーリングについて

■ シルバーリングは

指輪というと、中指や薬指につけるもの。そんなイメージが最近は壊れてきています。 ピンキーリングという小指につけるリングも今では定着して来ました。カジュアルに普段使いにシルバーリングを楽しみましょう。

■ リング〜指輪〜あれこれ

リングの形は大きく分けると5つになります。

バンド形-全体のリングの幅が同じもの。

ソリテール形-リングの中心に宝石や飾りのあるもの。

スパイラル形-らせん状に指に巻くもの。スネーク形ともいいます。

ツイン形-2つのリングを絡ませて1個にするもの。

ホロー形-飾り部分が空洞のもの。

リングで困った時は?

指輪が抜けなくなってしまった!

指に石鹸やクレンジングクリームをつけて、滑りをよくします。そして、少しずつ指を曲げながら、関節部分をゆっくりと通過させるようにします。
無理やり引っ張ったりするのは、厳禁です。
焦らず少しずつ対処しましょう。

もし、万が一、どうしても抜けなかったという場合は、宝石店などで指輪を切断してもらうという最終手段もあります。

■ 指の弱点をカバーして、指をきれいに見せるコツ

白魚のような指、なんていう言葉がありますが、そういう指の持ち主なら、どんな指輪をしても、元々がキレイな指なので、問題はないというもの。しかし、そういう綺麗な指じゃない場合は、困ってしまいますよね。そんな指の弱点をカバーするコツを教えちゃいます!

■ 関節が太い指の人は

関節が太いと、そのサイズに指輪を合わせて選ぶので、飾りのついた指輪だと、どうしても指輪が回りやすくなります。そういう場合は、上下に別の指輪をはめて、サンドする感じではめると回りにくくなりますよ。

■ 太くて短い指の人は

リング部分が細くて華奢なタイプを選ぶのがベターです。 もし、幅の広いタイプなら、指の上の部分の中央がつなぎ目にみえるようなデザインのものがおススメです。また、揺れる飾りのついたタイプであれば、飾りが揺れることで視線を集中させないという役割を果たすので、効果的です。

■ 指輪のサイズが変わってしまった!

指輪のデザインがシンプルなものであれば、サイズ直しも可能です。 小さくする場合は、加工費のみでできますが、大きくする場合は、材料費も必要になる場合があります。 ただし、周りに石が取り巻いているデザインや、デザイン上無理な場合もあるので、そういう場合はリペアをしてくれる宝石店に相談してみましょう。

■ シルバーリング【クロムハーツ】あれこれ

クロムハーツ(CHROME HEARTS)は、アメリカ生まれの芸能人にも愛用者の多い、今人気のシルバーアクセサリーのブランドです。Kinki Kidsの堂本光一さんを始め、ジャニーズのタレントも愛用しているほか、藤原紀香さんなど女性芸能人でも愛用している人が多いようです。アメリカでは、マドンナも愛用しているそうですよ。

1988年にシルバーアクセサリーのデザイナーをしていたリチャード・スタークが、レザー業界に詳しいジョン・バウマンと銀細工職人のレナード・カムホートと共に設立したのがクロムハーツの始まりです。リチャード・スタークの趣味がバイクであったこともあり、それまでのシルバーブランドにはないパワフルでワイルドながら、気品の漂う独特な個性を持つブランドとして現在に至っています。

1994年にロサンゼルス郊外のハリウッドにクロムハーツの本社を建設し、1996年にニューヨークにクロムハーツ1号店をオープンさせました。そして、1999年に東京支店(クロムハーツ2号店)、2001年に大阪支店をオープンし、日本へも進出しています。

クロムハーツの魅力は、シルバーの良さを知り尽くしたデザイン。 そのモチーフで人気なのは、十字架(cross)、白百合の紋章(fleur)、短剣(dagger)、猛禽類の爪(claw)などです。リングにもそのモチーフが刻まれたものが多くあります。 それを世界でも屈指の彫金技術でデザインに負けない重厚なモノに仕上がっているのも、人気の秘訣なのでしょうか。


HOME



文章情報デパートNF5