腸内ダイエット

腸内ダイエットについて

■ 腸内ダイエット雑学 間違いダイエットは便秘の元凶

間違ったダイエットは、便秘などの腸のトラブルを引き起こし、腸のトラブルはまたお肌のトラブルをも引き起こしてしまいます。 間違ったダイエットでスリムなボディを手に入れたとしても健康でキレイなカラダを手放してしまっては意味がありません。もしダイエットによって便秘になってしまったのなら、ダイエット方法を見なおすことが賢明です。

■ 間違ったダイエットの種類

■ ついでに便秘からおこる症状も

■ 間違ったダイエットはこんな結果を招きます - 腸内での健康のために

減食ダイエット

1日の食事の回数を減らしたり(特に朝食を抜いたり)、1回の食事量を極端に減らしたりするのは体によくありません。食事量が減ると、便となる食物繊維の量も減るため、便秘を招きます。

単品ダイエット

栄養バランスのとれた食事は体の資本となります。ある一つの食品だけを食べ続けるダイエットが体にいい訳がありません。体に必要な栄養素が補給されないと、腸はもちろん体の機能全体が低下してしまいます。

水抜きダイエット

水太りという言葉がありますが、水で太ることはありません。ダイエットで食事制限も行っている場合、食事から摂取できる水分が減るので、むしろその分の水分を補給しないと、便秘の原因になります。

便秘薬ダイエット

便秘でもないのに便秘薬で無理矢理に便を出すことは、腸の機能を弱らせることにほかなりません。特に慢性的に刺激性便秘薬を使い続けると、腸管がその刺激に慣れてしまい、便秘薬を服用しても便意を感じなくなります。また、体に必要な栄養まで排泄することになります。

■ ついでにご注意! - 便秘が招く腸の危険

便秘が引き起こす病気としては大腸がんや腸閉塞が代表的ですが、そのほかにも、様々な症状が体にあらわれることがあります。

腹部の膨満感

便秘になると、腸内で悪玉菌が増殖します。この結果、腐敗発酵を起こし、ガスが発生しやすくなります(おならが出やすくなる)。また、便秘によって便で出口が塞がれていると、このガスが腸内にたまります。このため、おなかの張りや痛みが起こりやすのいです。

お肌のトラブル

便秘によって肌あれや吹き出もの、にきび、しみ、そばなすなど、肌トラブルがおこることがあります。便秘との因果関係はまだわかっていませんが、体の新陳代謝が悪くなりホルモンの代謝が低下する、あるいはまた、自律神経の機能が低下し、皮膚の血行が悪くなる、などと言われています。

頭痛や腰痛、肩こり

腰痛は、ガスが腸内にたまることによって、背中や腰を圧迫するために痛みが起こるようです。頭痛や肩こりは、便秘によって自律神経のバランスを崩すことが原因と言われています。

食欲不振や口臭

便秘との因果関係はまだわかっていませんが、食欲がなくなる、口臭がきつくなる、などの症状を訴える人もいます。

不眠や精神的症状

イライラする、怒りっぽくなる、夜眠れない、といった症状も、便秘によって自律神経が乱れるためと考えられています。

■ 宿便とは?

便秘とともにダイエットや美容の大敵とされる宿便。宿便とは一般的に「長期間に渡って腸の内壁にヘドロあるいはタールのようにこびりついた古い便」とされています。東洋医学的には、宿便は「腸に長く留まっている便」という意味があるそうです。 一方、西洋医学的には、そのように「こびりつきはがれない便」というモノの存在は認められておらず、便秘状態によって一定期間腸内に滞留する「滞留便」あるいは「残留便」という表現になるようです。 また「滞留便=便秘」とする向きもあれば、「滞留便≠便秘」とする向きもあります。どうにも「宿便」の定義は曖昧です。 いずれにしても、腸内に滞留する便があるなら、それは腸内環境が乱れているからでしょう。

■ 便秘解消方法

慢性の便秘を解消するには、生活習慣や食生活を改善したり運動不足を解消したりストレスを発散することが基本です。 ただ、慢性の便秘は根が深く、なかなか治りにくいものです。生活習慣を見なおす上では、見落としてしまいがちな排便習慣を見なおすことも重要です。排便習慣を見なおすということはすなわち腸内環境を見なおすということです。 便秘を解消するために、あるいは健康や美容のために、高価な自然食品やサプリメントを食べたり、漢方などを飲んだりしている人は多いでしょう。それなのに期待した効果が、中々現れなかったり、期待したほど出なかったり、ほかの人より出なかったりすることもあります。 それは、腸から栄養素が吸収されにくくなっているなど、腸の機能が低下しているからかもしれません。腸の機能の低下は便秘を習慣化させます。そうなると、また腸の機能の低下に繋がり、自然食品やサプリメント、漢方の効果が出にくくなります。 この悪循環から抜け出す、つまり、腸の栄養吸収力を高めるには、腸内環境を整えることが最も重要です。

■ 腸の中にいる善玉菌と悪玉菌

人間の体にはおびただしい数の細菌(微生物)が常在菌として棲んでいます。 中でも腸には非常に多くの細菌(腸内細菌)が棲んでいます。その種類は300種類、数は100兆個、重さは1〜1.5kgと言われています。 この腸内細菌は、健康に役立つ働きをする善玉菌(乳酸桿菌やビフィズス菌など)、病気を引き起こしたり老化を促したりするような有害物質を作り出す悪玉菌(大腸菌やウェルシュ菌、ブドウ球菌など)、食べ物や体調などの環境によって善玉の味方にも悪玉の味方にもなりうる日和見菌、この3つに大別されます。この中で最も多いのが日和見菌で、次に多いのが善玉菌、最後に悪玉菌です。

通常、善玉菌と悪玉菌はバランスよく保たれています(善玉菌が大多数で悪玉菌が少数)。善玉菌は、たんぱく質やデンプンを腸が吸収しやすい大きさまで分解して栄養素を吸収しやすくしてくれるものです。一方、悪玉菌は、動物性たんぱく質に群がり腐敗物質や老化物質・発ガン物質などの有害物質を発生させます。この有害物質は、腸から吸収され、血液中に溶け込み、全身に到達します。


善玉菌が優勢であると、腸が健康で活発に機能しますから、排便がスムーズに行われ、免疫力も高まり、お肌の調子がよい状態になります。一方、悪玉菌が優勢であると、腸の機能が低下しますから、便秘や下痢になったり、免疫力が低下したり、お肌の調子が悪くなったりする状態になります。また、悪玉菌が優勢である、つまり腸内細菌のバランスが崩れると日和見菌も悪玉菌に味方するためさらに状態が悪くなります。


HOME



文章情報デパートNF5