紅麹

スポンサードリンク

紅麹について

■ 紅麹(紅コウジ)とは

紅コウジとは、味噌、醤油などを作る時に使用される麹のうちの、紅色の麹のことを言います。

麹は色によって分けられ、その中でも紅色の紅コウジは沖縄の豆腐ようなどに使われています。紅麹は精白米に水を加え、滅菌することで繁殖しますが、紅麹の製麹は他のものよりも植菌しにくく、難しいとされています。黄色の黄麹は2日でできるところも、紅麹では1週間も植菌するのに時間がかかってしまいます。

■ 紅麹(ベニコウジ)の効果


最近の研究で、紅麹の一部の種に、コレステロールを下げたり、血圧を降下させる作用があることがわかりました。また、ガン予防や痴呆、血糖値降下にも良いという事も知られています。

コレステロールを下げる

コレステロールの怖いところは、増えると動脈硬化や脳卒中、心筋梗塞などのおそろしい病気にかかってしまうことです。 実は、紅麹にはそのコレステロールを低下させる効果があるということがわかったのです。その効果は紅麹に含まれる「モナコリンK」という成分にあります。モナコリンKはコレステロールが合成されるために必要な酵素の作用を抑制します。これによってコレステロールの生合成が抑制され、血中のコレステロールが取り込まれていくことによって、減少していくのです。このモナコリンは天然の食品の中では、紅麹にしか含まれていないといわれています。

血圧安定

紅麹にはγ−アミノ酪酸(GABA)という成分が含まれており、これは血圧の上昇を抑制させるアミノ酸です。γ−アミノ酪酸は高血圧の治療などに役立つとして最近注目されています。また、実験により血圧が低くなる睡眠時にはあまり血圧の変化がみられなかったことから、血圧を下げすぎるということも無く、血圧を正常値に保つ効果である、ということがわかっています。

血糖値の低下

東京農工大遠藤章教授らの報告で以下のような血糖値の低下の効果も取り上げられています。


【実験】


24時間絶食させたラットに澱粉を与えて負荷をかけ、グループを二つに分け、片方のグループには紅麹を食べさせてから血糖値を測定。


【結果】


澱粉を与えただけの対照グループに比べた血糖の低下率

30分後で約23〜33%
1時間後で19〜29% 


このような実験の他、他の実験でも紅麹の血糖値の低下の効果が実証されているようです。最近は糖尿病などの病気にかかる方が増えています。紅麹を飲んで、血糖値の低下を試みてはどうでしょうか。


HOME



文章情報デパートNF5