羅漢果

羅漢果について

■ 羅漢果とは何か

「ダイエット中に甘いものが食べたい!」「でもカロリーが気になる!」「かと言って、我慢すればストレスが溜まるし・・・。」 そんなときに心強い味方が低カロリー甘味料。 普段料理やコーヒーなどに使用している砂糖(上白糖)を、低カロリーあるいはノンカロリーの甘味料にかえるだけで、ぐっとカロリーをおさえることができます。甘味は砂糖よりも強いものが多いので、低カロリーあるいはノンカロリーの甘味料に換えても物足りなさを感じることはありません。毎日の食生活に上手く取り入れると、食事量を減らさずに摂取カロリーをおさえられます。 低カロリー甘味料にも色々ありますが、今回ご紹介するのは最近話題と人気を集めている 羅漢果(ラカンカ) 。 天然の甘味料、羅漢果(ラカンカ)で、あなたのダイエットと健康をサポート!

【長寿の神果・羅漢果】

羅漢果 ( ラカンカ,Siraitia grosvenori,Luo han kuo )は、中国広西省桂林の山岳地帯だけに生育するウリ科の多年生宿根植物の果実です。羅漢果は成長すると5mにも達し、ブドウのように棚をつくって栽培します。秋になると、棚の間からたわむくらいに実をつけます。羅漢果の大きさは直径4〜6cm程度で、色はキウィフルーツのような濃い緑色。羅漢果は一般的に収穫まで約2年かかり、そのあと約5〜15年ほどの間、果実を収穫することができると言われています。 羅漢果は非常に甘く、その糖度は砂糖の300〜400倍。羅漢果の果実1個に砂糖50g以上に相当する甘味があることになります。羅漢果は生で食べられないことはありませんが、苦味のある甘さなので、あまり美味しいとは言えません。また生の羅漢果は、薬効もあまり期待できません。羅漢果は、実を採取した後、1週間天日干しして成熟させ、さらに十昼夜とろ火でゆっくり乾燥させます。乾燥させると、非常に甘くなり薬効も高くなります。


中国では、古くから羅漢果を乾燥させて、料理の調味料や甘味料として使用するほか、生薬として珍重してきました。 今から約200年前、清王朝嘉慶年間(1796−1826年)、少数民族であるヤオ族の医師・羅漢が、山間部に自生している果実の優れた薬効を発見し、あらゆる健康維持のために煎じて飲ませていました。当時の国王は、この果実を大変貴重なものと考え、他国への持ち出しを禁じ、幻の果実とも言われるようになりました。この果実は、発見者の羅漢の名をとって「 羅漢果 」と呼ばれるようになった、と伝えられています。
羅漢果の名が中国全土に知れ渡るようになったのは1850年代頃。当時は高価な薬で、貴人にしか手に入りませんでした。 中国で最も著名な薬学辞典である中薬大辞典において羅漢果は、「味はすっきりと甘く、芳香がある。渇きを止め、唾液を生じる。気を鎮め、肺を潤し、血を清め、咳を止め、痰をとり、熱を冷まし熱気を取り去り、 血圧を下げ、また宿便をとり、健胃整腸等の効果がある」と記述されています。もともと羅漢果は中国広西地方では、鎮咳、去痰、解熱、健胃整腸、利尿、便秘、ストレス解消などの民間薬として幅広く利用されてきました。 そして、1932年の嶺南菜薬録という学術書に記載されてから、羅漢果は学術的に認知されました。

【羅漢果の甘味の秘密】

羅漢果 の甘さは、口に含むと香ばしく、黒砂糖に似て少し独特なところがありますが、実際飲んでみると口当たりや後味もよく、さわやかな飲み心地です。 羅漢果の甘味成分は、糖類(注1)ではなく、ククルビタン型トリテルペン系配糖体(Cucurbitane-type Triterpene Glycosides)に由来することが確認されています。特に果皮部に強い甘味を持ち、その代表的な甘味成分は、テルペングリコシド配糖体(terpene glycosides)の一種である[モグロサイド(mogrosides) ]です。 羅漢果の甘味成分は、1983年、徳島文理大学生薬研究所の竹本常松教授(故)らの研究グループが発見しました。[ブドウ糖(glucose)][果糖(fructose)]と違い、ほとんどノンカロリーで、腸内ではほとんど吸収されず、体外に排出されます。 この成分を腸内の細菌が摂取すると、体内で酢酸が生成され、血糖値が下がります。砂糖は急激に血糖値を上昇させるので、糖分の摂取を制限されている糖尿病の方には羅漢果がおすすめです。また、この成分はビフィズス菌の栄養となるため、整腸作用をもたらします。便秘など、腸内環境を整える必要のある方にも羅漢果はおすすめです。


注1)糖類とは、糖質のうち単糖類(ブドウ糖や果糖など)と二糖類(ショ糖、乳糖)に限り、吸収されにくい糖アルコール(マルチトール、エリスルトールなど)を除いたもの。

【羅漢果の抗酸化作用】

羅漢果の特徴は、低カロリーで甘味度が高いばかりではありません。 岡山大学医学部の森昭胤教授(現・名誉教授)らの研究グループが、羅漢果には活性酸素(フリーラジカル,freer radical)を消去する作用、つまり抗酸化作用があるという研究発表を行い、注目を集めました。この活性酸素除去作用は、活性酸素によって引き起こされる多くの生活習慣病や老化の予防(アンチエイジング)に役立つことが期待されています。
活性酸素は、添加物が含まれた食品、喫煙習慣、大気汚染、紫外線、ストレスなどによって、大量に発生し、体を酸化させ、動脈硬化などを引き起こし、生活習慣病や老化を招きます。その活性酸素の発生を予防するのが抗酸化物質(スカベンジャー,scavenger)です。 もともと人間は体内に抗酸化作用を有しています。体内で作られる抗酸化物質は酵素の一種で、活性酸素と結びついて、害の少ない物質に変化させる働きをしています。代表的なものに、SOD(スーパーオキサイド ディスムターゼ,superoxide dismutase,超酸化物不均化酵素)、カタラーゼ、グルタチオン(L-Glutathione)があります。しかし、この抗酸化物質を体内で生成する機能は20代をピークに加齢とともに低下します。このため、βカロチンやビタミンC、ビタミンE、ポリフェノール、リコピンなどの抗酸化作用のある物質(SOD様物質)を積極的に摂取することによって、体本来の機能の低下を抑制しようとする訳です。 羅漢果には、ビタミンB群・ビタミンE(トコフェロール)などビタミン類、カルシウムやマグネシウムなど各種ミネラル、たんぱく質などを豊富に含まれています。中でもビタミンEと鉄分の含有量が大変多く、ビタミンとミネラルの含有量は黒砂糖の10倍以上になります。
ビタミンEは、ビタミンの中でも最も強い抗酸化作用を持っています。このビタミンEを豊富に含む羅漢果は、それゆえにSOD様作用が顕著と言われています。この強力なSOD様作用によってアトピー皮膚炎などのアレルギーや炎症、ストレスなどに効果があります。


砂糖及び甘味料と羅漢果との成分比較(100g中)
成分名
食品名
ナトリウム
(mg)
カルシウム
(mg)
マグネシウム
(mg)
リン
(mg)

(mg)
ビタミンE
(mg)
黒砂糖 27 240 31 31 4.7 0
上白糖 1 1 0 0 0 0
三温糖 7 2 2 0 0.1 0
水飴 0 0 0 0 0.1 0
果糖 0 0 0 0 0 0
はちみつ 0 2 1 4 0.8 0
メープルシロップ 7 75 18 1 0.4 0
羅漢果(濃縮) 1 154 92 123 9.55 8

科学技術・学術審議会、資源調査分科会 五訂日本食品標準成分表より
※羅漢果のみ、主婦と生活社「羅漢果の凄い薬効」/(財)日本食品分析センター試験成績書より

【これからの甘味料は羅漢果で!】

羅漢果は当初日本ではのど飴の原料として登場しましたが、現在羅漢果の関連商品は、固形タイプ、顆粒タイプ、液体タイプが市販されています。 料理などに使用するのであれば、顆粒タイプが使いやすいでしょう。砂糖より分量を少なめにしてください。砂糖の半分程度でも十分に甘いです。 液体タイプなら、直接皮膚に塗ったり、お風呂に入れたりするのもよいでしょう。お肌にあわないときはすぐに使用を中止してください。 一番効果的なのが羅漢果ティーとして飲むことです。(1日2杯以上・顆粒タイプで一杯あたり15g前後を目安)体を温める効果もあるので、ホットで飲まれることをおすすめします。 ダイエット甘味料としてのみならず、健康維持、病気や老化の予防のためにも、羅漢果を試してみませんか?

羅漢果の使用例

HOME



文章情報デパートNF5