ホホバオイル

ホホバオイルについて

古くからアメリカの原住民たちの間で薬としても重宝されてきた万能オイル「 ホホバオイル 」。そのヒミツを探ります。

■ ホホバオイルとは何か

ホホバオイル は、ホホバの実から抽出した植物油のことです。
ホホバの実は、最初は緑色をしていて、徐々に茶色に変色していき、完熟すると、裂けて地面に落下し、収穫されます。収穫時期は、6月〜7月頃です。 収穫された種子が砕かれて常温で絞られ、それがろ過されたものが、ホホバオイルです。この抽出された状態のホホバオイルは、未精製のもので、きれいな金色をしていることから、「ゴールデンホホバオイル」と呼ばれています。市販されているもので、無色透明のホホバオイルもありますが、それは精製されたもので、効果のあるのは、ミネラル分の豊富な「 ゴールデンホホバオイル 」です。

■ ホホバって何?

ホホバは、アメリカ南西部に自生する植物です。
アリゾナ南部、カリフォルニアから北西メキシコ南部に位置するソノーラ砂漠一帯に生息する多年草の潅木です。非常にゆっくりと成長する樹木で、樹齢15年を過ぎてからやっと実をつけ始めるといいます。成木でも、高さは0.5〜2.0mほどで、乾燥地帯で生息するのに適したものと言えるでしょう。葉も水分を放出しないように厚くて固い葉です。 その性質から砂漠地帯の緑化を目的として植樹されることも多いようです。

 

現在世界のホホバ生産量に占めるアメリカ国内で栽培されているホホバのウェイトは約30%、全体の3分の1近くを占めています。その大部分は、日本やヨーロッパ諸国に輸出されています。アメリカのほかには、オーストラリア、メキシコ、アルゼンチン、インド、イスラエルなどで栽培されています。

ホホバは、2年以上もの間水なしでも生息することができるという強い生命力を持っています。ホホバが砂漠地帯でも生息することができているという理由は、その構造にあります。根は砂漠の水分を少しでも吸収するために、地中で5mも伸び、木の表面はワックスエステルを含む脂層で覆われています。それによって、水分が外部放出してしまうことを防ぎます。

■ ホホバオイルの効用

髪にいい!ホホバオイル

ホホバオイル は、毛髪を健康にする力があります。 傷んだ髪を健康な髪によみがえらせ、毛髪の1本1本の表面をコートして、なめらかにするので、見ただけで健康と分かる髪にしてくれるという働きがあります。また、ホホバオイルには、頭皮の皮脂腺の分泌過剰を抑える働きがあります。ニキビやフケは、皮脂の分泌過剰が原因で起こると言われています。ホホバオイルを頭皮につけることによって、身体の調整機能に皮脂の分泌が充分であるということを細胞に伝達し、皮脂の分泌を調整するという効果があります。同時に、ホホバオイルは、頭皮につけると頭皮と毛茎に浸透して、フケの原因ともなる毛穴に溜まった皮脂の固まりを溶かします。それによってさらに清潔な頭皮になるのです。 ホホバオイルの頭皮への効果は、理容室や美容室などでも頭皮エステ用のオイルとして使われていたり、シャンプーの原料として使われていたりすることからも窺えるのではないでしょうか。抜け毛の予防にもなるので、気になっている方は、ホホバオイルを試してみてください。

ホホバオイルは万能のオイル!

ホホバオイル は、頭皮への効果があるばかりではなく、それ以外にもたくさんの効能があります。

■ キャリアオイルにもなるホホバオイル

ホホバオイル は、エッセンシャルオイルとの相性も良く、全てのオイルとブレンドして使うことができます。 そのさらっとした質感がどんなものとも合い、アロマセラピーとしては、スイートアーモンドオイルやグレープシードオイルと共によく使用されているのです。 ホホバオイルは、4日間もの間高温で熱し続けてもその品質に変化がなかったという実験結果もあり品質が安定していることからもキャリアオイルとして最適なのです。

■ ホホバオイルは手作り石鹸や手作り化粧品にも

自然派化粧品ブームやハンドメイド(手作り)好きの方に人気の「手作り石鹸」や「手作り化粧品」。ホホバオイル はミネラル分が多いので、手作り石鹸の材料として最適です。また、ホホバオイルは、かかとやひざなど固くなりやすい部分の角質除去に使われたり、ワックス効果もあるので、口紅やクリームの原料としても使われています。


HOME



文章情報デパートNF5