ゼナドリン

ゼナドリンについて

■ ゼナドリンとは

ゼナドリン ( Xenadrine )は、ダイエット大国アメリカで7年連続売上No.1を記録した燃焼系ダイエットサプリメント(ダイエット健康食品)で、世界約60カ国以上で販売されています。
もはや燃焼系ダイエットサプリメントの代名詞となったゼナドリンですが、新成分にてパワーアップして日本に新登場しました!

■ 肥満は他人事じゃない!

生活習慣病は、毎日の好ましくない生活習慣の積み重ねによって引き起こされる病気です。肥満は、その生活習慣病の一つに挙げられます。肥満が、糖尿病や高血圧、高脂血症、心筋梗塞や脳梗塞などの生活習慣病のリスクファクター(危険要因)になるからです。

糖尿病を例にとってみましょう。 糖尿病には、1型(インスリン依存型;IDDM)と2型(インスリン非依存型;NIDDM)および二次性糖尿病とがありますが、一般的に糖尿病と言えば2型糖尿病を指し、日本では2型糖尿病が大多数を占めます。現在日本の糖尿病患者は700万人と言われ、40歳以上の10人に1人が糖尿病患者かその予備軍と言われています。

過食や運動不足で肥満になりがちな現代人。肥満は決して他人事ではありません。肥満を解消することができれば、生活習慣病のリスクをかなり低下させることができます。 では、どうすれば肥満を解消あるいは予防することができるのでしょう?

■ 基礎代謝アップで肥満を解消&予防

基礎代謝とは、人間が生きていくのに最低限必要な機能(たとえば体温維持や呼吸)を維持するために消費されるエネルギーを指します。眠っているだけでも消費されます。1日の総消費エネルギー量は、この基礎代謝量に、生活活動代謝量(家事や仕事などを含む日常の活動で消費するエネルギー量)と食事誘導性代謝(食事をするときに発散されるエネルギー量)を足した数値になります。総消費エネルギーに占める割合は、基礎代謝が70%、生活活動代謝が20〜30%、食事誘導性代謝が10%程度です。

たとえば20代女性の基礎代謝の平均は約1,200kcalですが、男女ともに基礎代謝量は、10代をピークに年齢とともに徐々に減少し、40代を過ぎると急激に低下します。そのため、年をとっても若いときと同じような内容の食費を摂っていると、急に太ってしまうことがあります。1日の消費カロリーより摂取カロリー(食事など)が多いと肥満の原因となります。消費カロリーを上げるには基礎代謝を上げることが一番です。基礎代謝を消費する身体の部位の割合は、筋肉40%、肝臓12%、腎臓8%、胃腸8%、膵臓5%、心臓4%、脳3%、その他21%、となっていますから、基礎代謝を上げるには筋肉の比率を上げればよいのです。 間違ったダイエット法で減量すると、筋肉まで落ちてしまい、基礎代謝も低下することがあります。そうすると、エネルギーを消費しにくい体、つまり「痩せにくい体」になってしまい、消費されなかったエネルギーが体脂肪として蓄積されていく訳です。この体脂肪は、栄養バランスのとれた食事と適度な有酸素運動、そして活発な自律神経機能によって、適切に燃焼させることができます。しかし、日常生活の中で、規則正しい食事を摂ったり適度な運動を続けたりするのは、簡単なようでいて難しいものです。そうした場合に、脂肪燃焼や脂肪分解をサポートする健康補助食品を上手に活用するのも、一つのダイエット法です。

■ そこで、おすすめなのがゼナドリン!

ゼナドリン/EFX,NRG,and 40+

ゼナドリンは、食事制限をする必要がありません。3食きっちり摂りながらでもダイエットができます。無理な運動をする必要もありません。リバウンドの心配もいりません。ゼナドリンは、基礎代謝に働きかけ、すばやく脂肪を燃焼します。筋肉を落とさずに体脂肪のみを落とします。


現在日本で販売されているゼナドリンは3種類。
それぞれターゲット層が違います。[ ゼナドリンEFX ]は女性向け、[ ゼナドリンNRG ]は男性またはプロスポーツ選手向け、そして[ ゼナドリン40+(フォーティープラス) ]は中高年向け。[ ゼナドリンカーボカーブ ]は低炭水化物ダイエット対応です。成分はまたそれぞれのターゲットに合わせて配合されています。

従来の[ゼナドリンRFA-1]との大きな違いは、エフェドラを含まないことです。

エフェドラとは、中国やモンゴルに自生するマオウ科(Ephedraceae)の植物で、日本では[医薬品成分]とされる生薬のマオウ(Ma Huang,Ephedra sinica Stapf,シナマオウの地上茎)に該当します。 エフェドラは、漢方処方薬用として、咳・痰・発熱アレルギー性の鼻づまりなどに用いられ、一般用医薬品(OTC,Over the counter;カウンター越しに売っている薬)にも使用されていますが、日本では食品への使用は禁止されています。マオウやマオウに含有されるエフェドリン(Ephedrine)類が配合されている製品は未承認医薬品扱いとなります。 エフェドラは、1980年代以降アメリカにおいて、副作用である食欲不振・不眠・血圧上昇・体温上昇などを逆利用し、栄養補助食品(ダイエタリーサプリメント,Dietary Supplments)として販売され始めましたが、心臓発作・脳卒中・けいれん発作・死亡などの有害事象が1,000件以上報告されるようになり、米国食品医薬品庁(FDA,Food and Drug Administration)も販売に対する勧告を出し、その監視と対策に乗り出しています。 このため、従来のエフェドラを含む[ゼナドリンRFA-1]は製造終了となりました。[ゼナドリンEFX],[ゼナドリンNRG],[ゼナドリン40+][ゼナドリンカーボカーブ]は、エフェドラを含んでいません(エフェドラフリー)。

一方、ゼナドリンにはノルアムブロライド(Norambrolide)が含まれています。 ノルアムブロライドは、ゼナドリンの製造元・サイトダインLLC (Cytodyne LLC)社の特許製法(USA No.5945546)で、発酵させたセージ茶の抽出エキスです。 ノルアムブロライドには、褐色脂肪細胞へ働きかけ、より白色脂肪細胞が燃えやすい状態にします。 体脂肪が蓄えられる脂肪細胞には白色脂肪細胞と褐色脂肪細胞の2種類があります。前者は、脂肪の貯蔵が主な役割で、全身にあります。後者は、熱を出してエネルギーを消費し、体温を保持するのが役割で、首筋,脇の下,背中の肩甲骨あたり,など限られた場所にあります。一般的に脂肪と言えば、白色脂肪細胞を指します。 肥満の人は、この褐色脂肪細胞の機能が低下しています。褐色脂肪細胞の機能をつかさどる交感神経を活性化させることができれば、余分な脂肪の燃焼が促進され、太りにくい体になれると考えられます。


ゼナドリンは、合成着色料・防腐剤等添加物を一切使用していません。ハーブのセージを主原料とした100%天然成分で出来ているので、副作用の心配もありません。その特殊配合された天然成分が、食欲を抑制し、基礎代謝を上げ、効率的に脂肪を分解し燃焼します。脂肪を分解し燃焼する効果もさることながら、ビタミン類やアミノ酸を加えて美容効果と健康効果もパワーアップしています。

■ ゼナドリンの使用方法・使用上の注意

ゼナドリンの1日の限度は4錠(カプセル)。1日2回に分けて水で飲みます。ゼナドリンの服用に併せて、適度のエクササイズや食事療法を実行すると、より効果的です。 まず、朝食や朝のエクササイズ前に2錠、それから6時間以上経ってから、もう2錠。最初の1週間は慣らし期間として、その半分(1日2回で2錠)でスタートするとよいでしょう。体重が50kg以下であれば、1週間経過後も1日2回で2錠を続ける方がよいでしょう。12週間服用した場合は、その後の4週間は服用を控えて、それから再び服用してください。

妊娠中または授乳中であれば、ゼナドリンを使用する前に医師の相談をあおぎましょう。

高血圧、肝臓疾患、甲状腺、貧血、前立腺肥大症など、何らかの病気を罹患あるいは治療しているときは、病気が完治するまでゼナドリンの利用を控えてください。

ゼナドリンの使用中に、息切れ、頭痛、めまいなどの症状が現れた場合には、量を減らすか使用を中止してください。

ゼナドリンをアルコールと一緒に摂取しないでください。 運動中の飲酒が危険であるのと同じ理由です。ゼナドリンは体を運動したのと似た状態にします。

18歳未満の方はゼナドリンを使用しないでください。そもそも、18歳未満の方のダイエットはおすすめできません。

直射日光と高温多湿、かつ小児の手の届くところを避けて、密封した上で保管してください。

また、[ゼナドリンEFX]は2錠でコーヒーカップ1杯分,[ゼナドリンNRG]は2錠でコーヒーカップ2杯分のカフェインを含むので、眠れなくなったり、不快感をもよおしたりする可能性があります。摂り過ぎには注意してください。

■ ゼナドリン豆知識

ゼナドリン豆知識;セージティー編

ゼナドリンの主原料「セージ(Sage)」は、ユーゴスラビア原産のシソ科(Lamiaceae,Labiatae)の多年草植物で、セージ'の仲間は約900種、観賞用としては約80種。アロマセラピーのエッセンシャルオイル(精油)として使われるのはクラリセージ(Salvia sclarea)。ほかにも、チェリー・セージ(Salvia microphylla)やパイナップル・セージ(Salvia elegans),アメジストセージ(Salvia leucantha)などがあります一般に料理やハーブティーに使われるセージは、コモンセージ(Salvia officinalis)と呼ばれる薬用サルビアのことです。 セージティー(セージ茶)は、中国とインドから紅茶が輸入され定着するまで、イギリスではよく飲まれていました。“He that would live for aye must eat sage in May. (長生きをしたいものは5月にセージを食べよ)”という諺があるくらい。この“sage”はコモンセージのことです。 セージは、風邪の予防、のどの痛みや口内炎の緩和、血行促進、生理痛緩和、などに効果があるとされています。

ゼナドリン豆知識;サーモジェネシス編

ダイエットサプリメント(ファットバーナー)は大別すると、サーモジェニック(発熱性)系とリポトロピック(脂肪親和性)系に分かれます。
サーモジェニック(Thermogenic)系は、効果覿面と言われている反面、使用方法を間違えると中枢神経を過度に刺激してしまい、危険が生じる可能性があります。エフェドラ(エフェドリン)がその例です。 エフェドラと同様に、体温上昇によって、カロリーの燃焼を高め、エネルギー量を増やし、新陳代謝を高める効果があると考えられるのが、ガラナ、コーラナッツ、カイエン、ジンセン、ビターオレンジなどです。 [ゼナドリンEFX]にはビターオレンジが、[ゼナドリンNRG]にはガラナが配合されています。 [ゼナドリン40+]には、ガラナやビターオレンジは配合されていません。


HOME



文章情報デパートNF5