マヌカハニー

マヌカハニーについて

以前から蜂蜜は健康食品や美容食品として幅広く支持されており、薬としても利用されてきました。 しかし、今話題の マヌカハニー は普通の蜂蜜とは一味違います。

■ 元気の素・ハチミツ

ハチミツ(はちみつ、蜂蜜、honey)は、ミツバチがレンゲ、クローバー、アカシア、梅、桜などの蜜源植物から集めた花蜜を、養蜂家やハニーハンターなどが採取したものです。ハチミツの成分は、蜜源植物の種類によって異なり、その健康効能にも差異が生じます。

ハチミツのほとんどは液状ですが、室温で塗りやすくするように微細に結晶化させてホイップしたクリーム状のものもあります。

はちみつは、全世界で1,000種類以上半販売されていますが、主に、同じ種類の蜜源植物の花蜜から作られたバライエタル・ハニー(単一蜜源蜂蜜)と、数種類の蜜源植物の花蜜から作られた混合ハニーとに大別されます。市販されているハチミツの大半はバライエタル・ハニーです。バライエタル・ハニーは、蜜源植物によってはちみつの味、香り、色、成分、そして健康効能が異なります。一方、混合ハニーは、バライエタル・ハニーと違って、様々な健康効果を得ることができます。


はちみつは、単糖類(果糖、ブドウ糖)を主とし、体内で消化されることなく直接吸収され、効率よくエネルギーを体内に取り込むことができます。ほかに天然のビタミン類やミネラル類、ポリフェノール類、酵素を含んでおり、優れた栄養・美容食品であることは周知の事実です。

はちみつの歴史は古く、はちみつの採取風景が、スペイン北部のアルタミラ洞窟(スペイン東部のアラーニャ洞窟という説もあり)の壁面に描かれていることから、約1万年前から人々によく利用されてきた最も古い食物の一つと言われています。紀元前5,000年頃には養蜂家の仕事も成立していたと考えられています。シュメール人の粘土碑や、古代エジプトのパピルス、バラモン教の聖典『Veda』などに、はちみつの記録が残されています。日本最古の歴史書『日本書記』にも養蜂の記録があります。当時、はちみつは、傷や潰瘍の治療、喉の痛み止め、下痢止め、咳止め、など様々な用途に薬用品として使用されてきました。

はちみつがどのように効果を発揮しているのか、科学的には長らく明らかにされないままでした。19世紀後半に入ってから、微生物の存在、それらが感染の原因であることが解明され、それに続いて抗生物質が発明されました。以降、はちみつは民間薬また食品として愛用されるようになりました。
近年になって、はちみつの抗菌作用が見直されるようになりました。

■ マヌカハニー

マヌカまたはマヌーカ(manuka)とは、フトモモ科(Myrtaceae)ネズモドキ属Leptospermum scopariumの一種で、ニュージーランドにのみ自生する低木です。 マヌカの木は、ニュージーランドの原住民マオリ族が古くから珍重してきた薬木で、その種子、樹皮、葉などは気管支の諸症状やリウマチ、筋肉痛、創傷、解熱剤、鎮静剤など多岐にわたって利用されてきました。 マヌカの木は、濃い緑色の小さな葉をたくさんつけ、春から初夏(12月頃)にかけて白やピンクの可愛らしい花を咲かせます。この花から採取される花蜜が マヌカハニー (マヌカはちみつ)です。マヌカハニーの色は濃いめの茶色で味は香ばしく濃厚です。 近年マヌカハニーの強力な殺菌性、抗菌性が胃潰瘍やピロリ菌に対して働きかけることが話題となっています。

■ アクティブUMFマヌカハニー

ニュージーランド国立ワイカト大学(University of Waikato)のモラン博士(Dr. Peter Charles Molan)らの研究グループは、ニュージーランドにしかないハチミツの個々の成分を調査していた過程で、「特定の場所に自生する野生のマヌカから採取した マヌカハニー には、ほかのハチミツにはない特有の成分が含まれている」ことを発見しました。体内の酵素カタラーゼ(Catalase)によって、普通のハチミツの抗菌活性はほぼ瞬時に分解されてしまいますが、マヌカハニーの抗菌活性はカタラーゼによって分解されずに持続する、というのです。 マヌカハニーの抗菌力あるいは殺菌力は、ぶどう状球菌、連鎖球菌、スタファワレアス、大腸菌、サルモネラ菌などに対して有効に働きます。また、胃潰瘍の原因菌とされるピロリ菌(ヘリコバクター・ピロリ,Helicobacter pylor;H.pylori),虫歯の原因菌などの活動にも有効であることが実証されています。 この抗菌力を学術的に評価するために、一般的な消毒材であるフェノール溶液の希釈濃度と比較して表すUMF(Unique Manuka Factor)という指標を設定しました。 UMFの数値は4〜20までありますが、UMF16以上のマヌカハニーは安定して供給されないため、市場に流通することがありません。UMF値10以上のマヌカハニーは、ワイカト大学研究グループによって[アクティブUMFマヌカハニー]として認定されています。UMF値10とは、フェノール溶液10%濃度に相当する抗菌力があることを示しています。 残念なことに、UMFマヌカハニーは計画的な生産にはそぐいません。というのも、UMF値が高いのか低いのか、検査の結果を見るまで判らないからです。また、すべてのマヌカハニーのうちの8割は普通のマヌカハニーです。
日本ではUMF値の高さが品質の高さを物語るような風潮になっており、UMF値に対する関心度は日本では非常に高いのですが、現地ではそれほどでもないようです。なお、UMFの本体物質は特定されていません。また、胃潰瘍や胃ガンとの関係について科学的根拠は未だ立証されていません。試験官レベルでは殺菌・抗菌作用が認められても、実際に人の胃の中でどう作用するのか解明されていない、という指摘もあります。今後の研究が多いに期待されるところでしょう。
モラン博士は、「はちみつには複合的な抗酸化物質が豊富に含まれており、特に、自然の濃色のはちみつには、より大きな健康的価値を見出せる」と指摘しています。

〔マヌカハニー豆知識;ニュージーランド編〕

ニュージーランドは、一人当たりのハチミツの年間消費量が1,950gで、世界第一位のハチミツ消費国です。二位は1,400gのドイツ、三位は900gのオーストラリア。以下、カナダ,アメリカ,イギリスと続きます。ハチミツの食文化が定着していない日本は、一人当たりのハチミツの年間消費量が300gにしか過ぎません。 ニュージーランドは、ハチミツの品質においては世界トップクラスの水準です。ニュージーランドのハチミツはすべてオーガニックです。つまり、BIO=GROの認証を受けています。BIO=GROの有機認定基準は、ニュージーランド農水省によって、「養蜂場の半径5kmは農薬不使用であること」「水やり方法」「保管方法」「ラベルの仕様」に至るまで、厳格に規定されています。 マヌカ、ブルーボラージ、レワレワ、タワリ、ポフツカワ、カマヒ...。ニュージーランドで採れるハチミツの種類は15種類以上にのぼります。バライエタリー・ハニー以外の混合ハニーも合わせると、さらにその数は増えます。一般的に、ニュージーランドでは、固有種の花から採れるハチミツは色が濃く、外来種になればなるほど色が薄くなると言われています。

〔マヌカハニー豆知識;エッセンシャルオイル編〕

マヌカの葉はエッセンシャルオイル(精油)としても利用されています。その香りは、甘みがあり、どことなく懐かしい趣があり、淡くて優しく穏やかです。香りと同様に作用も穏やかで、風邪の流行する季節や花粉の多い季節にはアロマランプで香らせる以外にも、吸入やアロマバス、マッサージで使用してもよいでしょう。
また、マヌカには、レプトスペルモンという強い殺菌作用のある成分が含まれているので、ペットのノミやダニ避けにも効果的です。スプレーボトルに、水50mlとマヌカのエッセンシャルオイル10滴を入れ、毎回良く振ってからペットの毛に吹きかけて使ってください。ほかのエッセンシャルオイルと違って、ペットもマヌカの香りを嫌がらないでしょう。

〔マヌカハニー豆知識;ピロリ菌編〕

ピロリ菌 (ヘリコバクター・ピロリ,Helicobacter pylor;H.pylori)は、胃や十二指腸の粘膜に寄生し、慢性胃炎・胃潰瘍・十二指腸潰瘍の主要な原因となる細菌(グラム陰性桿菌,微好気性菌)です。1983年オーストラリアの病理学者ワーレン(J.Warren)と同じくマーシャル(B.Marsshall)が発見しました。現在、40歳以上の日本人の8割以上が感染していると報告されています。 ピロリ菌の除菌は通常抗生物質を使用しますが、ピロリ菌は、抗生物質の薬効を受けやすい胃壁の内部ではなく、薬効を受けにくいの胃壁の表面に近いところに寄生します。このため、抗生物質が効きにくく、通常の除菌よりも倍近くの抗生物質を投与する必要があり、副作用が出やすくなります。その一方で、耐性菌(抗生物質の効かない菌)を作る可能性があり、既に抗生物質の一部に対する耐性ピロリ菌が出現しています。また、腸内の善玉菌も影響を受けるため、投与された患者の約半数に下痢がおこります。 ピロリ菌の感染経路は未だ特定されていませんが、ピロリ菌に関する研究が進むに従って、ピロリ菌を除菌したり殺菌したりする食品があることが次第に明らかになってきています。UNFマヌカハニーのほかには、 ブロッコリースプラウト 、ココアの脂肪成分、梅肉エキスなどが挙げられます。

■ マヌカハニーを美味しくいただこう!

ハチミツには、蜜源植物の花蜜に含まれるフラボノイドやポリフェノールに由来する抗酸化作用もあります。皮膚の老化や紫外線、活性酸素によるシミ・ソバカスを予防する効果が期待できます。あるいは、抗菌作用によって食中毒の原因となるような様々な菌の繁殖を抑制し、それと同時に腸内の善玉菌を増やすことで腸内環境を整えることができます。すなわち、便秘の予防や改善につながります。これらの作用は 解毒(デトックス) を促進することでしょう。 胃潰瘍を改善したり胃ガンを予防したりするだけでなく、カラダの中から美しく健康になるために、毎日の食生活にマヌカハニーを取り入れてみては?

■ マヌカハニーの食べ方


なお、1歳未満の赤ちゃんには絶対にハチミツを食べさせないでください。乳児ボツリヌス症を発症させる可能性があります。 ボツリヌス症はボツリヌス菌(Clostridium botulinum)が産生するボツリヌス毒素の摂取により発症します。ボツリヌス菌は、グラム陽性,偏性嫌気性(酸素分子20%を含む大気中では全く発育しない)
の芽胞菌で、世界中の土壌や海・湖・沼の泥の中で育ちます。菌のいる土壌に生える植物はこの芽胞で汚染されます。ミツバチは芽胞で汚染された花粉を運ぶので、ミツバチ自体が汚染され、ハチミツもまた汚染されることになります。そして、ハチミツは一般的に、殺菌処理などの加工を一切行わない自然食品なので、汚染されたとしてもそのままです。 乳児ボツリヌス症は、この汚染されたハチミツを飲み込んだときに起こります。1歳以上になれば、ボツリヌス菌は腸内で繁殖しませんが、1歳未満であれば、腸内細菌が少ないために発症することがあるのです。


HOME



文章情報デパートNF5