がごめ昆布

がごめ昆布について

昔から昆布は体に良い食品であると言われてきました。食物繊維や鉄分、カルシウムなどが豊富に含まれており、健康食品として人気が高く、高血圧症や糖尿病の予防に効果があるとされています。その昆布の中でも最近特に、健康や美容に気を配る人々の熱い視線を集めているのが[ がごめ昆布 ]です。

■ がごめ昆布って、なに?

がごめ昆布 は、北海道南部の東海岸、津軽海峡沿岸にのみ分布する多年生の褐藻です。成長すると、長さ2m、幅20〜50cmほどになり、寿命は4〜5年と言われています。低温水域を好み、水深10〜25mの岩礁の上に生息しています。 ガゴメ という名前は、昆布の表面にあるカゴの目に似たデコボコに由来します。このデコボコゆえに見栄えがよくないとされ、また、真昆布ほど出汁が取れないこともあって、がごめ昆布は、食用としては、とろろ昆布やおぼろ昆布、松前漬けの原料として利用されるくらいでした。 ところが、約10年前、がごめ昆布には様々な優れた成分が含まれていることが判明し、一躍脚光を浴びるようになりました。 しかし、残念なことに、がごめ昆布の水揚量は激減しています。1999年に海水温度が平年より5度近く上昇し、その状態が長期間に渡ったことが原因と見られています。がごめ昆布は暑さに弱いため、繁殖域が減少、不作が続いているのです。このため、以前は「真昆布の成長を妨げる雑藻」と漁師さんに邪魔物扱いされていたのに、希少価値が高い昆布になってしまいました。そこで、がごめ昆布の養殖が行われることになりました。養殖技術が向上し、2005年現在、商業ベースでのガゴメ昆布の養殖は既に開始されています。

■ がごめ昆布のヌルヌル,ネバネバ パワー

がごめ昆布 の特徴はその粘り(ぬめり)にある、と断言しても過言ではありません。昆布の粘りの正体は、たんぱく質と多糖類が結合した粘性多糖類で、総称してムチン(mucin)と呼ばれています。納豆のネバネバ,ヌルヌルもムチンです。がごめ昆布は、東北地方では納豆昆布(なっと昆布)とも呼ばれています。
昆布のネバネバ,ヌルヌルの主成分は、アルギン酸カリウム(alginic acid,calcium alginate)やフコイダン(fucoidan)、ラミナラン(laminara)で、がごめ昆布のネバネバ,ヌルヌルの約80%がアルギン酸カリウム、残り20%がフコイダンとラミナランです。がごめ昆布は、ほかの昆布よりもアルギン酸カリウムやフコイダを多く含んでいるため、粘りが非常に強いのです。
そして、これらの成分こそが、がごめ昆布の優れた成分なのです。

■ がごめ昆布をおいしくいただこう!

がごめ昆布 は、即効性のある薬ではないので、健康食品として、長期間継続して毎日の食事に取り入れることが、生活習慣病を予防するための一番の良策と言われています。また、昆布はノンカロリーなので、ダイエットのサポートにもなるでしょう。

がごめ昆布は、最初にさっと水洗いして、表面の汚れと余分な塩分を取ります。

ぶっかけガゴメ

がごめ昆布を水で戻して細く刻んだものに、だし醤油やみりん、三杯酢を少々加えて30分程度置きます。ねばりがでたところで、ご飯の上にぶっかけます。
ネギのみじん切り、もみのり、卵、糸かつお、なめこ、大根おろしなどを加えると、おいしさ倍増。松前漬けの昆布として使用するのがおすすめ。

粉末ガゴメ

適当な大きさにカットしたガゴメ昆布をミキサーやフードプロセッサーにかけて粉末にします。この粉末を味噌汁やお吸い物などにさっと加えます。ふりかけ代りにまぶして、おにぎりなどにも。

昆布水

がごめ昆布を15cm四方くらいにカットし、数箇所切り込みを入れ、水を入れて一晩寝かします。6〜8時間程度でネバネバ水が出来上がります。昆布水は1日1杯程度が適量で、食事のときに飲むのがベスト。できれば、がごめ昆布も一緒に食べるとよいでしょう。作り置きはできないので、毎日新しく作って冷蔵庫で保存してください。
飲みにくい場合は、昆布水にはちみつやお酢を少し入れるのがおすすめ。

■ がごめ昆布の有効成分

がごめ昆布 の有効成分には高血圧予防、抗アレルギー作用、整腸作用があると言われています。
がごめ昆布は、ほかの昆布よりも アルギン酸カリウム や フコイダン を多く含んでいます。

アルギン酸カリウム

アルギン酸は食物繊維の一種ですが、食物繊維にはカリウム、カルシウムなどのミネラル類と結びつきやすい性質があります。 がごめ昆布などの海藻の中に含まれているアルギン酸はカリウムと結合した状態(アルギン酸カリウム)です。 アルギン酸カリウムは、胃に入ると胃酸の働きによってカリウムを切り離し、切り離されたカリウムは体の中に吸収されます。カリウムには血液中の水分を血管外に出す機能があり、この機能によって、余分な塩分が体外に排出され、血圧を下げる効果があります。
一方、カリウムと切り離されたアルギン酸は、腸に運ばれて今度はナトリウムと結合します(アルギン酸ナトリウム)。アルギン酸ナトリウムは腸で吸収されにくく、そのまま体外に排出されます。ナトリウムには血圧を上げる作用があるので、これも血圧を下げる効果をもたらします。
このように、血圧を下げるカリウムを体内に残し、血圧を体外に下げるナトリウムを体外に排泄させるアルギン酸は、血圧の調整には欠かせない食物繊維です。
また、アルギン酸ナトリウムとアルギン酸カルシウムによって、体内の余分なコレステロールも体外に排出するので、腸内でのコレステロールの吸収を妨げることによって血液中のコレステロール値を下げる結果に繋がります。したがって、肥満を予防することも期待できます。
アルギン酸の生理作用にはまた、腸内酵素の活性作用や整腸作用も挙げられます。

フコイダン

がごめ昆布には、ほかの昆布の2倍以上のフコイダンが含まれています。
まず、フコイダンには、脳梗塞などを引き起こす血栓を溶かす(血栓溶解作用)とともに、血栓の形成を予防する作用があります。フコイダンは、血栓の主要成分(フィブリン)を溶かす酵素(プラスミン)の活動を活発化します。これにより、血液がサラサラになり、血液循環を促進します。
次に、フコイダンは、胃潰瘍や胃ガンの原因となるヘリコバクター・ピロリ菌を除去する作用があります。フコイダンは、胃の中でピロリ菌に吸着し、そのまま腸に送られ、体外へ排出されます。付け加えて、フコイダンには、胃の粘膜を保護し、損傷した胃粘膜を修復する作用もあります。つまり、フコイダンは、胃炎などの胃腸障害を抑制するとともに、ピロリ菌が胃壁に付着するのを予防します。
そして、アポトーシス(apoptosis)誘導効果。アポトーシスとは、細胞の遺伝子にあらかじめ組み込まれている[細胞の自滅(自殺死)]のことです。老化して不要になった細胞は、アポトーシスに従って自ら死滅し、新しい細胞と入れ替わりますが、発ガン物質や活性酸素によって損傷した細胞は、アポトーシスに従わずに無秩序に分裂し、ひたすら増殖します。フコイダンは、正常な細胞を傷付けることなく、ガン化した細胞の遺伝子に直接働きかけ、アポトーシスを促します。
さらに、フコイダンには、体内に浸入したウイルスや細菌を攻撃するNK(ナチュラルキラー)細胞や、抗体の合成に関わる免疫細胞であるB細胞を活性化させる作用があることが、マウス実験によって明らかにされており、免疫力の向上にもつながると考えられています。
そのほかにも、フコイダンには、抗アレルギー作用、抗酸化作用などが確認されています。フコイダンもまた食物繊維なので整腸作用もあります。

ラミナラン

ところで、多糖類は大別すると、骨格多糖類(構造多糖類)、粘質多糖類、貯蔵多糖類の3種類に分けられます。アルギン酸やフコイダンは粘質多糖類、一方、ラミナランは貯蔵多糖類です。
ラミナランは、β-グルカン(β-glucan)の一種です。
一口にβ-グルカンといっても、β-(1-1)-Dグルカンからβ-(1-6)-Dグルカン(1-5を省く)まであり、自然界に最も多く存在するのはβ-(1-4)-Dグルカン(セルロース,cellulose)です。
ラミナランは、β-Dグルカン(1-3/1-6)です。β-(1-3)-Dグルカンには、免疫機能を活性化し、ウイルス・細菌による感染症やガンを防ぐ作用(抗腫瘍活性作用)があることが、最近の研究から明らかになっています。ラミナランは、基本的にはアガリクスのβ-D-グルカンと同じような構造をしていますが、免疫活性化作用や感染症予防作用は、アガリクスのβ-D-グルカンよりも優れています。
しかし、ラミナランについては、アルギン酸やフコイダンほど研究は進んでおらず、現在の分析技術では、β-(1-3)-Dグルカンとβ-(1-6)-Dグルカンを区別することも、その他のβ-グルカンとの違いを区別することも容易ではありません。今後の研究によって新たな報告が待たれるところですが、ラミナランにはアガリクスなどのβ-D-グルカンと同様の効果が得られると期待されています。

その他

がごめ昆布は、粘性多糖類の他にも、人体に必要なミネラル類を豊富に含んでいます。カリウム、ナトリウム、カルシウム、マグネシウムの含有量は陸上の植物の2倍ほど。

必須ミネラルの一つであるヨウ素(ヨード)も、食物中では昆布に最も多く含まれています。ヨウ素は、交感神経を刺激する甲状腺ホルモンの構成成分です。このため、新陳代謝が活発になり、タンパク質や脂質、糖質の代謝を促進します。ヨウ素には、ほかにも、血液中のコレステロール値を下げ、アドレナリンの働きを抑え、血圧が上がるのを防ぐ作用があります。
なお、ヨウ素の過剰摂取は稀ですが、甲状腺肥大を招きます。成人の所要量は男女ともに150μg、許容上限摂取量は3000μgとされています。


HOME



文章情報デパートNF5