大麦若葉

大麦若葉について

生の緑黄色野菜をすりつぶして搾った汁「青汁」。 大麦若葉青汁 は、成長期で栄養価が最も高い時期の大麦で作られた青汁です。 健康に良いけれど飲みにくいことでも有名な青汁ですが、大麦若葉青汁は、クセがなくて飲みやすいことで大人気です。

■ 大麦若葉の青汁

大麦若葉 は、その名の通り、イネ目イネ科オオムギ属オオムギ種である大麦(Hordeum vulgare,Barley)の若葉です。 大麦は、小麦と同じく世界最古の作物で、日本へは小麦よりも1世紀早く、3世紀ごろ朝鮮半島を経て伝来し、奈良時代には既に広く栽培されていました。大麦には、大別すると、二条大麦と六条大麦の2種類があります。二条大麦は、タンパク質量が少なくビールの醸造に適しており、ビール麦とも呼ばれています。一方、六条大麦は古くから麦茶や麦ごはんに使用されており、日本で大麦と言えば六条大麦を指します。青汁には二条大麦も六条大麦も使用されているようです。 小麦や大麦は、栽培の途中、新芽を何度も踏みつけます(いわゆる麦踏み)。麦踏みは、梅雨という季節を収穫期に迎える地域で行われる作業で、世界中で行われている作業ではありません。麦踏みによって、茎の肥大、成長の抑制、根の量の増加、分けつの促進など効果がもたらされます。つまり、麦は強く成長します。

ところで、ビタミン類やミネラル類が、健康な体を維持し、また老化を予防するのに必要である栄養素であることは言うまでもありません。ビタミン類やミネラル類が不足すると、様々な症状を招きます。



大麦が草丈20〜30cm程に成長したときの若葉を、大麦若葉と呼んでいますが、この時期の大麦は成長期にあり、大麦若葉は、各種ミネラル類や各種ビタミン類、酵素、タンパク質、繊維など、栄養分に富んでいます。

■ 大麦若葉の栄養比較


このほかにも、銅、マンガン、亜鉛など多くのミネラル類がバランスよく含まれています。
つまり、大麦若葉の青汁を飲むことによって、様々な要因によって引き起こされる症状を防ぐことが期待できる訳です。

■ 大麦若葉青汁はこんな方・こんな症状におすすめです。

特に以下のような症状で悩んでいる方に大麦若葉の青汁をおすすめします。

■ 大麦若葉の美味しい飲み方

大麦若葉 には、他の緑黄色野菜と比べてもビタミン類やミネラル類、様々な酵素などの栄養素がバランスよく含まれているので、普段野菜が不足気味の方や食生活が不規則な方、便秘気味の方などには最適な青汁の原材料です。大麦若葉の青汁の飲用を飲むことで、食生活や生活習慣の改善が期待されます。
大麦若葉はあくが強くないため、大麦若葉の青汁はケールの青汁より比較的飲みやすいのですが、実際のところ決して美味しいとは言えません。長く飲み続けるためには、少しでも美味しく飲めるように色々と試してみてください。レモンやオレンジ、リンゴ、グレープフルーツ、ニンジン、ハチミツなどを入れると飲みやすくなります。レモン、オレンジ、リンゴ、ニンジンなどは、別々に搾っておいてから、後で混ぜましょう。ハチミツであれば、 マヌカ蜂蜜 がおすすめ。 牛乳やヨーグルトと混ぜたり、大豆イソフラボンが含まれている豆乳と混ぜたりしてもよいです。 意外かもしれませんが、サラダ油やオリーブオイル、 エゴマ油 などの油を2,3滴たらしても、飲みやすくなるので、試してみてください。 粉末タイプであれば、ホットケーキミックスやパン生地に混ぜたり、クリーム系のスープに混ぜたり、ケチャップやマヨネーズと混ぜてドレッシングやソースにしたり・・・。 なお、加熱すると、熱に弱い酵素やビタミン類などは壊れてしまいますのでご注意ください。

■ 大麦若葉の効能・効果:【葉緑素】

青汁や大麦若葉、また一般的に植物の葉が緑色をしているのは、葉緑素が入っているからです。 葉緑素(クロロフィル,chlorophiles)とは、植物細胞の中にあって光合成を行う上で不可欠な緑色の色素で、緑が濃いほど葉緑素が多いことを表しています。 葉緑素は、「緑の血液」と呼ばれ、赤血球の中にあるヘモグロビンと非常によく似た科学的な構造をしています。ヘモグロビンは、酸素を体のすみずみまで行き渡らせる重要な役割を担っており、不足すると、つまり酸素が行き渡らなくなると、貧血、動悸、息切れ、めまい、脱力感など様々な症状が現れます。葉緑素は鉄分を多く含んでおり、体内に入るとヘモグロビンの生成を助けます。ヘモグロビンの量が適正に保たれれば、血液循環はスムーズになり、健康な身体や病気の予防など免疫力の向上につながります。 また、葉緑素は、消化酵素で消化されない不消化物ですが、体内を通過する際に、蓄積されたダイオキシンなどの有害物質や、余分な コレステロール などを吸着し、排出する働きがあります。これにより、血液をサラサラにする効果が期待できます。ただし、葉緑素の過剰摂取は、必要な栄養素まで体外に排出する可能性もあるので、注意する必要があります。


葉緑素の働きとしては、ほかにも、抗がん作用、整腸作用、脱臭作用、殺菌効果、組織細胞に対する成長促進作用などもあげられます。

■ 大麦若葉の効能・効果:【活性酸素除去作用】

体内の様々な合成や分解などの化学反応を正常に機能させるのが 酵素です。 動物は酵素なしには生きてはいけないと言っても過言ではありませんが、実は、酵素をつくる能力は遺伝子によって決まっています。人間が一生のうちに作ることのできる一定量の酵素を潜在酵素と言います。 体内でつくられる潜在酵素は、大別すると、[消化酵素]と[代謝酵素]の二種類があります。消化酵素は、食べ物を体内で消化分解して、必要な栄養素を吸収するために必要な酵素です。唾液に含まれるアミラーゼ(でんぷんをブドウ糖に分解)、膵液に含まれるリパーゼ(脂肪を脂肪酸に分解)、胃液に含まれるプロテアーゼ(たんぱく質をアミノ酸に分解)などがあります。また、腸内微生物も消化酵素をつくりだします。

一方、代謝酵素は、吸収された栄養素をもとに体の各細胞をつくりあげ、呼吸や運動に不可欠な化学反応に関わっています(新陳代謝)。また、老化(エイジング)を防ぎ、毒素を汗や尿・便に排出したり(有害物質の除去, デトックス )、自然治癒力や免疫力に働きかけたりします。

酵素は加齢とともに減少し、特に40歳以降から激減します。消化酵素と代謝酵素は同じ一つの潜在酵素から作られるため、体内で作られる酵素はできるだけ代謝酵素にし、消化酵素を食べ物から摂取するのが長生きの秘訣と言えるでしょう。 自然界の食べ物にはすべて消化酵素が含まれていますが、酵素は非常に熱に弱く、約42〜70℃で破壊されます。生の食品よりも加熱処理したものを食べる機会が多い現代人は慢性的な酵素不足になっています。体内酵素が少なくなっている(あるいは弱くなっている)と、体内の脂肪の分解が進まなくなり、肥満の原因にもなります。

大麦若葉 の青汁には、体内エネルギー代謝に不可欠な酸化還元酵素(チトクロームオキシダーゼ)や、老廃物を分解する過酸化水素分解酵素(パーオキシダーゼ・カタラーゼ)、脂肪を分解する脂肪酸化酵素(リパーゼ)など、20種類以上の酵素が含まれています。 中でも、注目なのが、細胞の老化を防ぐSOD(スーパーオキサイド・シスムターゼ,Superoxide Dismutase,活性酸素除去酵素)です。 活性酸素 は、生体内で重要な代謝に寄与したり、体内に浸入したウィルスや細菌、真菌などを攻撃して感染症を防いだりする役割を果たしています。しかし必要以上に活性酸素が発生すると、正常な細胞や細胞膜、DNAに攻撃・破壊して、がん,動脈硬化,脳血栓,心臓病,アトピー,糖尿病など様々な病気・障害を誘発したり悪化させたりします。この活性酸素を分解して無毒化してくれる酵素がSODなのです。 SODはもともと体内でも生成されていますが、老化、ストレス、紫外線、農薬、タバコ、お酒、食品添加物、不規則な生活などなど、様々な要因によって消費され減少していきます。体内のSODが不足すると、活性酸素を押さえ込む力が弱くなり、免疫系のバランスが崩れ始め、先述したような病気や障害を引き起こすことになります。免疫性を高め、健康を改善あるいは維持するために、SODは必要不可欠な酵素です。 大麦若葉 の青汁には、SODが大量に含まれています。

■ 大麦若葉の効能・効果:【抗酸化作用】

体に有害となる物資は活性酸素ばかりではありません。植物油などの成分である不飽和脂肪酸が酸化して生成される過酸化脂質も有害物質です。 体内にはコレステロールや中性脂肪などの脂質があります。これらは健康な体を維持するために必要不可欠のものですが、これらの資質は活性酸素によって酸化されると過酸化脂質に変化します。この過酸化脂質が、体内の組織や臓器、血管壁、皮膚などに沈着・浸透して、その場所が血管壁であれば動脈硬化、眼球の内側なら白内障を引き起こします。動脈硬化はまた、狭心症や心筋梗塞、脳梗塞などの病気へと発展することも珍しくありません。しかも、過酸化脂質が細胞を破壊するときに近くに発がん性物質があれば、ガンさえも誘発しかねません。 過酸化脂質の生成を抑制することは、老化や慢性疾患、生活習慣病を予防する上で、とても重要なことです。 大麦若葉には特有の抗酸化フラボノイド(GIV,グルコシルイソビテキシン)が大量に含まれています。GIVの抗酸化力は、ビタミンCやビタミンEのそれに比べて遥かに高く、フラボノイドの中でも特に効果が強いと言われています。GIVは、SODとともに活性酸素の除去するほか、不飽和脂肪酸の酸化や紫外線によるビタミンの酸化分解を抑制する効果を持っています。


HOME



文章情報デパートNF5