中古車

中古車について

■ 車について

車は、原動機の動力によって車輪を回転させ軌条(軌道)や架線によらないで走行する車両のことです。

通常は車輪が3個以上(ほとんどは4個以上の偶数個)のものを指しますが、法律や行政関係用語では、農業機械や建設機械、二輪車(オートバイ)も含む場合もあります。

道路交通法などでは、車両の一区分として定義されており、軽車両(自転車など)と原動機付自転車を除く、原動機を積載した車両が車として定義されています。

■ 車の歴史

車の歴史として初期には蒸気機関で動く蒸気車が存在しました。 これは蒸気機関車のようなレール上を走るものではなく、動く方向がある程度変えられるもので、その後に蒸気機関に多数の改良が加えられ、比較的小型のボイラーで高温/高圧の蒸気を使った車が作られました。英国では1827年ごろから定期バスとして都市部及び、都市間で広く用いられ、1860年ごろには仏国でも用いられるようになり、1900年ごろにはアメリカ合衆国で、石炭の代わりに石油を使った蒸気車が作られ、さらに普及していきました。
アメリカ合衆国では、1920年代後半まで蒸気車が販売されていました。最終的に淘汰されたとは言え、蒸気車無くして、現在のモータリゼーションは無かったと言えましょう。
1865年に英国で赤旗法が施行され、当時普及しはじめた蒸気車は、道路を傷め馬を驚かすと敵対視されており、住民の圧力によってこれを規制する赤旗法が成立しました。 この法律により、蒸気車は郊外では4マイル(6.4km)/h、市内では2マイル(3.2km)/hに速度を制限され、人や動物に警告する為に、赤い旗を持った歩行者が先導しなければならなくなった。英国での蒸気車の製造、開発は、この赤旗法が廃止される1896年まで停滞することになり、それに続くガソリン車の開発においても、独国や仏国がリードする形となってしまいました。

1876年、独国のニコラウス/オットーがガソリンで動作する内燃機関(ガソリンエンジン)を発明すると、ゴットリープ/ダイムラーがこれを改良、二輪車や馬車に取り付け、走行試験を行いました。そして1885年にダイムラーによる特許が出されています。

1885年、独国のカール/ベンツは、ダイムラーとは別にエンジンを改良し、車体から設計した3輪車を作りました。 ベンツ夫人は夫の隙を狙いこの車を自力で運転し、製造者以外でも訓練さえすれば運転できる乗り物であることを証明しました。ベンツは最初の車販売店を作り、生産した車を数百台販売し、ダイムラーも車会社を興しました。現在、ガソリン式車の発明者はダイムラーとベンツの両人とされることが多いです。

1885年型ベンツ初期の車は手作りであるため非常に高価なものであり、貴族や大金持ちだけが所有できるもので彼らは自分たちが持っている車で競走をすることを考え、それが現在のF1などの競技へと発展しています。

1907年には、フォードがフォード/T型を発売した。フォードは、流れ作業による生産方式を採用し車の価格を引き下げることに成功、これにより裕福層の所有物であった車を、大衆が所有することが可能となり車産業は巨大なものとなっていきました。

ヨーロッパでは1910年ごろに、大衆の車に対する欲求を満たすように、二輪車の部品や技術を用いて製造された小型軽量車、いわゆるサイクルカーが普及していきました。

1922年に、フォードと同様の生産方法を用いたシトロエン/5CVやオースチン/セブンなどの小型大衆車が発売され、本格的に車が普及していく事になり、また、それに伴いサイクルカーは姿を消していく事になりました。

■ 車の種類

普通乗用車には下記の種類があります。

セダン

セダンは車のスタイルの呼称です。英国ではサルーンと呼ばれ、いわゆる3ボックスの形状で前部のエンジンフード、後部のトランクの間により高い室内空間部分のある形状のうち特に後部座席の居住性を重視したスタイルです。

空間効率に余裕のある大型乗用車のスタイルですが、日本では、小型車でも2ボックスよりもこの形状が好まれた時代がありました。ミニバンの流行以来、2000年代前半の状況はセダン形状の乗用車の売上は減少し、廃止される車種も増加しています。ただし、国産車/輸入車を問わず、いわゆる「高級車」ではほとんどがセダンです。

セダンの内、ボディスタイルを重視し、ドアの窓枠と場合によってはさらに前後ドア間の支柱(ピラー)をなくしたものを一般的なセダンと区別してハードトップと呼びます。

リムジン

リムジン(Limousine)は、乗用車の一形式で全長を延ばした高級車を言い、元来は馬車の形式の一つであり御者と客室の間に仕切りがあるもののことです。日本においては空港バスなどをリムジンバスと称することもあります。

乗用車としてのリムジンは、市販車を改造して作られることが多く、 元となる種車としてフォード社のリンカーンやメルセデス/ベンツなどの高級車が使われることが多いです。全長を延ばすことは乗車定員を増やすことが目的ではなく居住性、各種設備の充実をはかることに主眼がおかれているのもリムジンの特徴です。

リムジンの所有者としては一般的に富豪や芸能人が多いが、たとえばアメリカのハワイ、ラスベガスなどの観光地では高級なタクシー、ハイヤーとして一般人も比較的気軽に借用し利用できます。

ハッチバック

ハッチバックは車のボディ形態の一種で、跳ね上げ式後部ドア(ハッチ)や跳ね上げ式後部窓(グラスハッチ)からアクセス出来る荷物室と、乗員空間が隔てられていないものを言います。

ハッチバック車の元祖はルノーの4(キャトル)ですが、ジョルジット/ジウジアーロのデザインによる初代フォルクスワーゲン/ゴルフにより現在のハッチバック車の形(横置きエンジンのFF)が形作られ、現在に至るまで小型ファミリーカーで最もポピュラーな形となっています。

リアハッチを開けたプジョー306。(大きな画像)技術的に言えば、SUVやステーションワゴン、ミニバン等もハッチバック車として分類することができるが、一般にハッチバック車とは特に小型で経済的な車のことを言います。

しばしば占有面積を小さくするためにハッチをほとんど垂直に立て、全長を切り詰められます。通常、折りたためる後部座席を採用しており、車室のほとんどを荷物空間として割り当てることが出来ます。

多くのスポーツクーペやハイブリッドカーも後部座席上から車の後端に滑らかにつながるハッチを採用しており、特に'70年代'80年代のスポーツカーにおいては「リフトバック」と呼ばれていた構造があり、このような形を採用することにより、空気抵抗を減らし燃料消費の低減や優れた高速性能を実現しています。 日本では中型車以上ではトランクの付いたノッチバックが好まれ、 ファミリー向けハッチバックの高性能バージョン(ホンダ/シビックタイプRなど)は一般に「ホットハッチ」と呼ばれています。

クーペ

この意味においてはフランス語圏以外でも「coupe」と呼ばれていて、スポーツカーにこのタイプが多く、2ドアで車高はセダンと比べて低く後部座席はないか、あってもかなり窮屈なものです。従って後部座席があるものでも乗車定員は5人ではなく4人となっている場合が多く、独立したトランクルームを持つノッチバッククーペ、乗員空間と荷物室が隔てられていないハッチバッククーペの2タイプがあります。趣味的な感覚が強く1990年代以降の日本ではあまり人気がありません。

- ノッチバッククーペ

いわゆる3ボックス(ノッチバックとも呼ばれる)スタイルで、2ドアクーペとも呼ばれる。前部のエンジンフード、後部のトランクの間により高い室内空間部分のある形状をしています。

- ハッチバッククーペ

跳ね上げ式後部ドア(ハッチドア)を持つもので、3ドアクーペとも呼ばれています。後部座席上から車の後端に滑らかにつながるファストバックスタイルが特徴で、後部座席があるものでは実用的なファミリー向けハッチバック同様折りたためる後部座席を採用しています。

ハードトップ

ハードトップ (hardtop) は車のスタイルの呼称で、3ボックスの形状で前部のエンジンフード、後部のトランクの間により高い室内空間部分のある形状のうち、主に側面の窓を前部後部に隔てる柱が無い形状を言います。

1960年代にアメリカで流行し、日本では1965年のコロナが初採用で、1970年頃から、日本でもセドリックなどに採用され、一時は軽車にも採用されていたほど流行しました。
国産高級乗用車の主流となりましたが、ボディスタイル以外のメリットが少なく、コストの高さや居住性、ボディ剛性の確保などの点において難があるため減少傾向にあります。

またボディ剛性確保のために側面のピラー(柱)を残し、セダンから側面ドアの窓サッシを取り去ったような形状のものも存在し、そちらは特にピラードハードトップと呼ばれています。 スバルが伝統的にレオーネ、インプレッサ、レガシィ等で採用していますが、同社ではセダンと呼んでいます。

ステーションワゴン

ステーションワゴン (station wagon) は車のスタイルの呼称で、2ボックスの形状で前部のエンジンフード、後部に室内空間部分のある形状です。座席はミニバンと違い、3列目シートを持たず2列で5人乗りであることが多く、乗用車ではありますが荷物室が広く、荷物を載せて運ぶことに主眼を置いています。 車高はセダンと同じくらいで、後部座席の後ろは荷物室となっており後部座席をたたむと大きな荷物を載せることができるのもステーションワゴンの特徴です。

ハッチバックとの区別をするとすれば後輪の車軸から荷物室後端までの距離が長いものがステーションワゴンというところです。

他にはクーペなどがステーションワゴン以外のスタイルの名前です。

従来日本では貨物車であるライトバンと共用のボディで作られることが多く、そのために長らく人気の出ないスタイルだったが、1989年1月にレガシィが発売されると日本にステーションワゴンブームが到来し、それを皮切りに各社のステーションワゴンは「ライトバンのような泥臭い車」から「洒落たレジャーヴィークル」へと進化しました。

大型のものは遺体を運ぶ寝台車や洋型霊柩車に改造される場合もあります。

メーカーや国によって呼び方が異なり、英国やボルボ、サーブでは「エステート」、シトロエンやプジョーは「ブレーク」、オペルは「キャラバン」、BMWは「ツーリング」、アウディは「アバント」、MGローバーは「ツアラー」と呼んでいます。

ミニバン

ヨーロッパではMPVやモノスペースとよばれる場合が多く、いわゆる2ボックスの形状で前部のエンジンフード、後部に室内スペース部分のある形状をもつ車でワンボックスカーとは別です。アメリカ車のフルサイズバン(シボレー/エクスプレス/シェビーバンやフォード/エコノライン、ダッジ/ラム)の縮小版として開発され大ヒットしたクライスラー/キャラバン(1983年発売)がオリジナルとされています。

座席は3列で6〜8人が乗れ、後部座席をたためば荷物もたくさん積め、国産では1982年に相次いで発売された日産プレーリーと三菱シャリオが初期のミニバンですが、1990年に登場したトヨタ/エスティマと1994年に登場したホンダ/オデッセイの登場により一般的に定着しました。ヨーロッパでは1984年に発売が開始されたルノー/エスパスが最初です。

室内は2列目がベンチシートの8人乗り、キャプテンシートの7人乗り、3列目の座席は2人がけのベンチシート7人乗り、キャプテンシート6人乗りなどがあります。一部の車種ではステーションワゴンと同様に3列目のシートを持たない5人乗りの車もあり、荷室が広いため、寝台車や身体障害者や高齢者を乗せる福祉車両に用いられることもあります。

SUV

SUV は、車の形態の一つ。Sport Utility Vehicle (スポーツ/ユーティリティ/ビークル)の略で、「スポーツ多目的車」と訳しても呼ばれ、RV(Recreational Vehicle/レジャー用多目的車)の一種でもある。この場合の「スポーツ」はスポーツカーのスポーツではなく、スポーツ/アクティビティのスポーツを意味する。

かつてクロスカントリー車(クロカン4WD)と呼ばれたものが非舗装路(オフロード/グラベル)の走破性に重きを置いていたのに対し、これに加えてさらに舗装路(オンロード/ターマック)での運動性能も重視して開発された車を指す。また最近ではセダンの快適性を併せ持ったクロスオーバーSUVも登場している。

欧米諸国では、燃費が悪く地球温暖化を助長するとして、一部の環境保護団体が大型SUVの乗り入れ規制や増税を求め、ときには破壊活動すらしている。

オープンカー

オープンカーは、屋根を持たない、あるいは、折り畳み式 又は 着脱式の屋根を持つ車をいう。各種のパレードや、式典などにしばしば用いられていて、和製英語です。国、車の性質により、バルケッタ(barchetta) 、ロードスター(roadster) 、スパイダー(spider)、 カブリオレ(cabriolet)、 コンバーチブル(convertible) などの呼び名があり、最近では「クーペカブリオレ」と呼ばれる電動格納式ハードトップも登場しています。主に 「バルケッタ(barchetta)」「ロードスター(roadster)」「スパイダー(spider)」 はスポーツ走行色が強い傾向にあり、「カブリオレ(cabriolet)」「コンバーチブル(convertible)」は単に車内空間を開放することを目的としている傾向にあります。また、前者は車体の大部分がそれ専用の部品から成り立っている場合が多いですが、後者は他の既存の車輌を利用/流用し改造を施し、製品として出来上がっている場合が殆どである。そのためか屋根を閉めたクローズド状態を基本とします。 モノコック構造が主流である現行の車の構造としての屋根を持たないために強度/剛性などに弱点があり、一部分を残したタルガトップなどもあります。 また横転した場合乗員に対し、極めて重大な危険性が及ぶことが考えられていて、欧米ではTバールーフやタルガトップ、または横転時に瞬時に突出して頭部を保護する干渉装置等の安全機構の装備が義務付けられている国もありますが、日本ではメーカー側も危険性をイメージさせるスタイルの採用を避ける傾向があり、また法的(保安基準)にも、この義務化はされていないのが現状です。このことは、過去においてシートベルトの必要性が議論されていながら、シートベルトが車の危険性を消費者にイメージさせるとして、日本のメーカーが採用を見送り続けた(このとき欧州のメーカーは積極的に採用に踏み切っている)事実が髣髴とされ、今後議論を喚起すると考えられていて、最近では各タイプの差異は以前より曖昧になってきていますが、屋根をしまうための機構を収納するために座席やトランクスペースが犠牲となっているなどいずれにしても趣味性の高い車です。初期のレーシングカーは基本的にオープンカーで、このことはミッレミリアを走るビンテージのレーシングカーを見ることによって確認することができます。

ライトウエイトスポーツカーの全盛期にはその多くがオープンカーの仕様でしたが、安全基準の強化による車両重量の増加のために軽車の一部がその役割をにないました。

■ 各自動車メーカー車種リスト

TOYOTA

日産

HONDA

マツダ

三菱

イスズ

スバル

ダイハツ


HOME



文章情報デパートNF5